• 子育て
  • 観光
  • 防災

焼津市ホームページ > 市長の部屋

ここから本文です。

市長の部屋

更新日:2022年4月1日

ごあいさつ

今年のキーワードは「総」

焼津市長の中野弘道(なかのひろみち)です。

新年度のスタートにあたり、私の令和4年度の市政運営に対する基本的な考えを3点申し述べます。

1点目は、市民の皆さまの安心安全を第一に考えた行政運営を行ってまいります。特に新型コロナウイルス感染症への対応につきましても、「安心焼津スタイル」により、3回目のワクチン接種を迅速かつ適切に進めるため、医療機関等と連携した接種体制を確保するとともに、新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報の把握と発信に努めてまいります。
また、自然災害等への備えや、危機管理体制の充実により、市民の皆さまが安心安全に暮らせるまちづくりを推進します。

2点目は、市政運営の目標を表す、今年の漢字についてであります。コロナ禍で劇変する社会を見据え、また、全体を見直す「総観」、市民の多くの力を合わせる「総力」、対話による大きな力を結集する「総合力」、共に未来を創る「総働」によって行政課題に取り組むため、今年の漢字は「総」といたしました。

3点目は、施策横断的な視点による行政運営であります。
社会経済情勢の変化が速く、予測が難しい中にあっても、政策・施策を着実に推進するため、令和4年度からスタートする第6次焼津市総合計画第2期基本計画に掲げた「新たな日常への転換」、「DXの推進」、「人口減少対策」、「SDGs(エスディジーズ)の推進」の4つの視点により、施策を超えた横断的な取組を、重点的かつ積極的に進めてまいります。

具体的には「DXの推進」プロジェクトをはじめ、「シティプロモーション」、「地域福祉」、「地域医療」、「焼津駅前にぎわい活性化」、「地域コミュニティ」および「国際交流」などのプロジェクトチームを新たに立ち上げ、各分野の専門家に、アドバイスをいただきながら、未来へつなぐまちづくり事業として展開してまいります。

次に、市政全般における取組方針であります。
令和4年度は、本市の将来ビジョンであるダイヤモンド構想の考え方を反映した第6次焼津市総合計画に掲げる将来都市像「やさしさ、愛しさ、いいもの、いっぱい、世界へ拡げる、水産文化都市、YAIZU」の実現のために、6つの政策と21の施策を着実に、そして力強く推進してまいります。

1つ目の健康・医療・福祉分野の政策「共に支え合い豊かに暮らせるまちづくり」では、市民が健康の保持・増進に取り組むことを支援し、医療が必要なときは、適切な治療が受けられる地域医療体制の充実を進めます。
また、誰もが健康で住み慣れた地域で豊かに暮らすことができるように、健康長寿の推進と市民ニーズに対応した福祉サービスの充実を図るとともに、地域で支え合うまちづくりに取り組んでまいります。

2つ目の子育て・教育分野の政策「安心して子育てができ、子どもが心豊かに育つまちづくり」では、若い世代が家庭を持ち、子どもを産み育てたいという希望がかなえられるよう、結婚、妊娠、出産、子育てまでの切れ目のない支援の推進に引き続き取り組みます。
また、子どもや保護者の不安や悩みに寄り添い、将来を担う子どもたちが心豊かに育ち、学び、いきいきと生活できるまちづくりに取り組んでまいります。

3つ目の生きがい・文化・スポーツ分野の政策「生きがいを持って暮らせるまちづくり」では、生涯にわたり趣味や学び、芸術文化活動、スポーツに取り組むことができる機会を充実し、市民の誰もが心身ともに健康で生きがいを持ちながら笑顔があふれ、豊かに暮らすことができるまちづくりに取り組んでまいります。

4つ目の産業・観光分野の政策「産業の振興と地域資源を活用したまちづくり」では、基幹産業である水産業をはじめ、農業、商工業のさらなる発展に向けた支援や、様々な産業や食文化、温泉などの多彩な地域資源を活用して、地域経済の活性化と交流人口の増加を図ります。
また、勤務地にとらわれない新たな働き方の推進、勤労者福祉の向上により、若者にとって魅力的な働く場所の創出や、女性、高齢者、外国人など多様な人材が働きがいを実感でき、活躍できる環境づくりを進め、産業と人が集まり活気とにぎわいのあるまちづくりに取り組んでまいります。

5つ目の防災・都市・環境分野の政策「安全安心で快適に暮らせるまちづくり」では、自然災害に対する防災・減災対策の推進や交通安全、防犯などの日常生活における啓発を推進するとともに、住民の暮らしを支える社会基盤の計画的な整備や公共交通サービスの適切な提供に取り組みます。
また、良好な住環境の整備を進めるとともに、脱炭素化や資源循環を促進し、環境への負荷の低減を図り、自然環境の保全に努め、安全安心で環境に配慮したまちづくりに取り組んでまいります。

6つ目の市民協働・DX・行政運営分野の政策「市民と共につくり未来へ繋ぐまちづくり」では、市民と行政がそれぞれの役割と責任を分担し、相互に補完し合いながら、共にまちづくりを進めます。
また、性別や年齢、国籍、障害の有無などにとらわれず、誰もがお互いを尊重し認め合い、連携し支え合うことのできる社会の実現への取組を進めます。
また、Society(ソサエティー)5.0社会を見据え、昨年度に策定したDX推進計画に基づき、より質の高い市民サービスの提供、行政運営の効率化、地域の活性化に向け、デジタル技術の積極的な活用を推進してまいります。

本市は、これまでも様々な課題を先人の方々のご尽力により乗り越え、昨年、市制施行70周年を迎えることができました。
しかしながら、人口減少、少子高齢化社会に加え、新型コロナウイルス感染症によって大きく変化した社会への対応、DXの推進などの課題解決に取り組む必要があります。
これから先の10年、20年、そして市制100年に向けて、「住み続けたい・住んでみたい・行ってみたい」と思えるまちづくりを、市民の皆さまとの小さな対話を積み重ねながら、一歩一歩着実に進めてまいりたいと考えております。

新しい焼津の未来をしっかりと見据え、希望を持ち、これからも、現場主義、市民目線で、市民の皆さまと心を一つにさらに焼津市を発展させてまいります。
市民の皆さまのご理解とご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

お問い合わせ

所属課室:焼津市総務部秘書課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本庁舎4階)

電話番号:054-626-2140

ファクス番号:054-626-1284

Email:hisho@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。