• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 市政 > 平和 > 6.30市民集会(令和3年度は中止)

ここから本文です。

更新日:2021年6月29日

6.30市民集会(令和3年度は中止)

令和3年度の6.30市民集会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止しました。

1954年(昭和29年)にマーシャル諸島ビキニ環礁付近を操業中に被ばくした第五福竜丸の悲劇を語り継ぎ、核兵器のない平和な世界の実現を訴える「6.30市民集会~核兵器廃絶への祈り~」を毎年6月30日に焼津文化会館で開催しています。

 

アメリカが行った水爆実験により犠牲となられた全ての人を追悼し、平和への誓いを胸に刻む市民集会です。

日時

毎年6月30日

午後2時~

会場 焼津文化会館

誓いの碑

「誓いの碑」は、市民集会30回を機に、焼津市民が敬けんな祈りを込めて核兵器廃絶を願い、後世に語り継ぐことを誓うものとして、焼津市文化センターに建立しました。

  • 題:語り継ぐ核兵器廃絶の誓い

誓いの碑(平成26年6月30日)

第37回6.30市民集会(新型コロナウイルス感染防止のため中止)

令和3年6月30日に開催を予定していました第37回6.30市民集会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止することとしました。

昭和29年3月1日、太平洋マーシャル諸島ビキニ環礁付近を航行中の多くの船がアメリカ合衆国の水爆実験により被ばくしました。
この事件は、漁港を持つ街だけではなく、国内、全世界に衝撃を与えました。

焼津市では、昭和60年6月30日に、市民と事件を語り継ぎ、思想・信条を超えた核兵器廃絶への祈りにも似た敬虔な願いを込める「6.30市民集会」を開催し、それ以後毎年開催しています。

前年度に続き、今年度も新型コロナウイルス感染症の影響で市民集会は中止とさせていただきましたが、「核兵器のない世界」の実現は、私たちの共通の願いです。

世界には、依然として多くの核兵器が存在しており、私たちの願いは、未だ遠い彼方にあると感じていますが、焼津市では、市民の皆様と一丸となって、彼方にある核兵器廃絶の明かりを絶やすことなくともし続け、後世に語り継いでいきたいと考えています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市総務部総務課  庶務担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本庁舎4階)

電話番号:054-626-2144

ファクス番号:054-626-2185

Email:soumu@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?