• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 市政 > 施策・計画 > オープンデータ

ここから本文です。

更新日:2021年4月13日

オープンデータ

オープンデータとは、政府や地方公共団体などが保有する公共データが、二次利用可能なルールのもとで、機械判読に適した形で公開されるものを指します。

焼津市では、平成26年度から静岡県のオープンデータポータルサイト「ふじのくにオープンデータカタログ」において、オープンデータを公開し、令和2年度からは、インフォ・ラウンジ株式会社がサービス提供する「OpenPhoto(オープンフォト)」を利用して、写真データのオープンデータ化を行っています。

ふじのくにオープンデータカタログ

ふじのくにオープンデータカタログは、平成25年から静岡県によって運営されており、県内の自治体によりアップロードされたオープンデータを取得することができます。

焼津市がふじのくにオープンデータカタログで公開しているデータの多くは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCBY2.1JP)のもとに公開しています。このライセンスは、アメリカの非営利団体であるクリエイティブ・コモンズが、著作者が著作物の利用についての意思表示を簡単に行えるように策定したライセンスのことです。

「BY」の表示が意味するのは、当該オープンデータを利用する際に、著作権表示を要求するもので、著作権表示さえすれば、改変並びに営利目的の二次利用が可能というものです。

 

公開しているデータは下記サイトから確認できます。

 

データの利用に関しては、以下の利用規約に準拠します。利用規約を確認の上、ご活用ください。

 

焼津市OpenPhoto

焼津市OpenPhotoは、焼津市が保有する写真データの閲覧・ダウンロードが行えるカタログサイトです。焼津市OpenPhotoにおいても、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCBY4.0国際)のもとに公開しています。

焼津市として、写真データ公開の継続性・不変性を担保しているわけではありませんので、ご了承願います。

 

公開しているデータは下記サイトから確認できます。

 

データの利用に関しては、以下の利用規約に準拠します。利用規約を確認の上、ご活用ください。

焼津市OpenPhotoで公開中のマップ

土のうステーション

オープンデータに関する国の動き

平成28年12月7日に「官民データ活用推進基本法(平成28年法律第103号)」が参議院本会議で可決・成立し、同年12月14日に公布・施工されました。同法第11条には「国及び地方公共団体は、自らが保有する官民データについて、個人・法人の権利利益、国の安全等が害されることのないようにしつつ、国民がインターネット等を通じて容易に利用できるよう、必要な措置を講ずるものとする」とあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市行政経営部デジタル戦略課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館4階)

電話番号:054-626-9414

ファクス番号:054-626-2185

Email:digital@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?