• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 海蔵寺の厨子附厨子内納入品一、内厨子一、守り本尊

ここから本文です。

更新日:2016年7月6日

海蔵寺の厨子附厨子内納入品一、内厨子一、守り本尊

 

工芸品/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和44年12月17日・平成27年7月24日(附指定)

所在地

焼津市東小川

所有者

海蔵寺

解説

 

海蔵寺厨子

間口49.5cm奥行20.5cm高さ67.5cm

 

「海蔵寺の厨子」は、徳川頼宣(紀州初代)の守り本尊とともに元和5年(1619)に海蔵寺へ奉納されたと伝えられ、昭和44年12月17日に焼津市指定文化財となった。宮殿造り木製本瓦葺入母屋造り軒唐破風、妻入り、朱塗金蒔絵、金箔押し、扉裏に葵紋がある。厨子とは、仏像や経典を安置する両扉箱形の容器で、外面には漆や箔などを塗り内面には画図などが描かれている。

海蔵寺の厨子

 

附厨子内納入品一、内厨子一、守り本尊

間口9.0cm高さ18.0cm

厨子の内部には雲彫刻の台座が据えつけられ、その上に内厨子を置く。内厨子は、外面金梨地、扉上部金蒔絵葵紋、飾金具付観音開き、内面金箔押しに麻の葉模様切金押し、高蒔絵葵紋が付される。守り本尊は高さ3.9cmに測られる地蔵菩薩像で、内厨子内連弁上の硝子容器に納められ安置される。守り本尊は徳川頼宣が出馬の際、常にもとどりの中に入れ尊信したと伝えられる。

内厨子と守り本尊は、「海蔵寺の厨子」と一体となって文化財的価値を示す貴重な資料であり、附指定として保存を図る。

内厨子守り本尊

 

 

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?