• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 林叟院の経蔵

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

林叟院の経蔵

建造物/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和42年12月4日

所在地

焼津市坂本

所有者

林叟院

解説

間口・奥行き4.82m

 

木造瓦葺、方形造り平屋建て。内部は正面奥に仏壇、中央に輪蔵、格天井。明和8年(1771)工匠石川市之亟及びその子権右エ門によって上棟され、当時は鉄玄本が納められていた。なお、経蔵とは、一切経などの経典を納めておく蔵である。輪蔵は経蔵の中にある一切経を収納するための回転式書架で、回転させることによって、一切経6,930巻を読んだことと同じ功徳が得られるとされている。

林叟院の経蔵

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?