• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

古墳コーナー

亡くなった人を手厚く葬(ほうむ)るため大きな墓(古墳)をたくさん造った時代が古墳(こふん)時代です。西小川の小深田(こふかだ)西遺跡(竪小路公園の西側)の4世紀の方形の墓から出土した銅鏡(どうきょう)や勾玉(まがたま)、高草山の笛吹段(ふえふきだん)古墳群(坂本)の鉄剣など古墳からの出土品を展示しています。

また、この時代は平野の中央に多くの人々が住み始めて、4世紀の小深田遺跡(熊野神社周辺)、5世紀後半の宮之腰(みやのこし)遺跡(焼津神社周辺)というように大きな拠点的なムラができて栄えました。これらの遺跡の住居跡などからの出土品を展示しています。小深田遺跡から出土した「小深田型石製垂れ飾り」は、市の文化財に指定されています。
kohun1kohun2

宮之腰遺跡復元住居跡

小深田型石製垂れ飾り
小深田型石製垂れ飾り

●館内のご案内に戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市生きがい・交流部文化振興課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?