• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2020年1月19日

縄文・弥生コーナー

縄文時代

縄文(じょうもん)時代の人々は、山では兎(うさぎ)や猪(いのしし)を捕まえ、ドングリやキノコなどを採集(さいしゅう)し、海や川、湖沼(こしょう)では魚貝類を獲り、自然と共生して暮らしていました。

焼津市では縄文時代の遺跡は今のところ2ヵ所しか発見されていませんが、高草山(たかくさやま)近辺を中心に縄文人の活動があったことがわかっています。花沢(はなざわ)の別所ノ段(べっしょのだん)遺跡では黒曜石(こくようせき)の矢じりが、また中港の弁天遺跡からは石剣(せっけん)が出土(しゅつど)しています。

弥生時代

弥生(やよい)時代は日本列島で本格的に稲作が始められました。人々は水田を造営するのに適した沖積(ちゅうせき)平野を次々に開拓(かいたく)していきます。私たちが住む大井川平野も2000年前頃から開拓が始まります。その頃の大井川平野は森林と湖沼(こしょう)が点在し、その間をぬうように小河川が網(あみ)の目のように流れていました。

弥生コーナーには策牛(むちうし)地区から藤枝市岡部町の三輪(みわ)にかけて広がる清水遺跡から出土した農耕具や容器や杓子(しゃくし)などの日用品などの貴重な木製品資料を中心に展示しています。

縄文・弥生コーナー

 

●館内のご案内に戻る

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市生きがい・交流部文化振興課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?