• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 常照寺の魚籃観音

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

常照寺の魚籃観音

城之腰の堀川の川ばたに、常照寺という、お寺があります。
文久年間(1861~1863)のころのことです。城之腰村に上連という漁師がいました。上連は、仕事がら、神や仏に対する信仰心が大へんあつい人でした。

ある日のことです。最後のあみを引き上げようとすると、いつもと違って、何かずっしりとした手ごたえがあります。ふしぎに思いながら、あみを引きあげると、あみの中に小魚にまじって、ピカピカ光る物がはいっていました。上連がおそるおそる取りあげてみると、それはなんと全身に金粉がぬられた、およそ六センチぐらいの大きさの魚籃観音ではありませんか。上連は、この観音さんを持って帰り、だいじにおまつりしました。

しかし、観音様があまりにもこうごうしくかがやいているので、これは自分の家には置いてはいけないと思い、近くの常照寺に寄付しました。
それから村の人たちは、この観音様を、上連の観音さま、と呼んで、おまいりするようになりました。そして、今でもこのお寺の宝物として、残されています。

常照寺には、このほかこんなお話もあります。それは、境内にある笠森稲荷とよばれているお堂のお話です。ふき出物ができて困ったときに、ここにおまいりすると、なおるといい伝えられていることです。そして、なおったときにはお礼として、松かさを数珠のようにつないでおそなえするという、めずらしい風習があるそうです。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?