• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 広報 > まちかどフォトニュース > 2019年のまちかどフォトニュース > 2019年7月28日「外国人児童・生徒のための進路ガイダンス」

ここから本文です。

更新日:2019年8月6日

2019年7月28日「外国人児童・生徒のための進路ガイダンス」

2019年7月28日(日曜日)、大井川公民館で、焼津市国際友好協会と焼津市の主催による「外国人児童・生徒のための進路ガイダンス」を開催しました。

焼津市では、小中学校で学ぶ外国人の児童生徒が年々増えており、外国にルーツのある子どもたちとその保護者に、将来の進路について考えてもらうことを目的に2014年度よりこのガイダンスを開催しています。

当日は、外国にルーツをもち、現在、高校や大学に通う「先輩」たちを招き、学校での体験や日本語の習得方法、進学準備のアドバイスなどを話していただきました。31人の小学生と保護者は、大変興味深そうに耳を傾け、交流の時間には、積極的に質問をしていました。
参加者のアンケートには、「漢字や日本語を覚えるための色々な方法を学んだ。(中学1年生)」「親のためにもしっかりやることをやって、負担をかけないようにしたい。(中学2年生)」「高校生になるのが楽しみになりました。(中学2年生)」などの感想をいただきました。

また、同日、同会場で、多文化共生を考える焼津市民の会「いちご」が中心となり、外国にルーツをもつ児童生徒への学習支援イベント「なつやすみ・しゅくだいひろば」が開催されました。子ども59人(日本人14人も含む)、支援者93人(焼津市青少年ボランティア、県内高校生・大学生、市民)が参加し、勉強やレクリエーションに、真剣に楽しみながら取り組む様子が見られました。

この「しゅくだいひろば」は長期休みごとに開催され、2014年から5年間続けられています。市民の間にも協力の輪が広がり、今回は「はの字食品」様よりおでんの差し入れ、「焼津ロータリークラブ」様より「ハロハロ」(フィリピンのかき氷)の提供をしていただき、心もお腹もいっぱいになりました。

勉強を教わる子どもたちだけでなく、ボランティアとして指導する中高生・大学生にとっても多文化共生を学ぶ良い機会になりました。

 

大学生によるプレゼンテーション

大学生によるプレゼンテーション

 

高校生による体験談発表

高校生による体験談発表

 

ボランティアの高校生と一緒に勉強する参加者

ボランティアの高校生と一緒に勉強する参加者

 

「なつやすみ・しゅくだいひろば」の参加者と支援者

「なつやすみ・しゅくだいひろば」の参加者と支援者


 

お問い合わせ

所属課室:焼津市市民部市民協働課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館3階)

電話番号:054-626-1178

ファクス番号:054-626-2194

Email:kyodo@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?