• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > ごみの分別方法 > スプレー缶・カセットボンベの出し方

ここから本文です。

更新日:2019年8月8日

スプレー缶・カセットボンベの出し方

スプレー缶(エアゾール缶)やカセットボンベは、可燃性の気体を含んでおり、誤った処理を行うと火災や爆発の危険性があります

市の資源物として出す際には、必ず中身を使い切ってから、穴をあけて出してください。

スプレー缶イラストカセットボンベイラスト

出し方

1.缶を手で振って、中身が無いか確認する。

中身がある場合は、「シャカシャカ」「チャプチャプ」などの音がします。

2.中身がある場合は、中身を使い切る。

火気がなく、風通しのよい屋外等で、「シュー」という音がしなくなるまでスプレーボタンを押して中身を出し切ってください。

また、中身を抜いてからスプレー缶に装着されている「ガス抜きキャップ」を使用してガスを抜きとってください。

《注意事項》

  • 布や新聞紙に吹き付けるなど周囲へ飛散しないよう留意しながら、行ってください。

ガスの抜き方について、詳しくは次のチラシをご覧いただくか、一般社団法人日本エアゾール協会ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

カセットボンベの中身を使い切れない場合

中身を使い切れないカセットボンベの取扱いは、商品に表示されている各メーカー、または一般社団法人日本ガス石油機器工業会(外部サイトへリンク)カセットボンベお客様センター(0120-14-9996)までお問い合わせください。

3.缶に穴をあける。

市販のガス缶用穴あけ機などを使い、缶に穴を開けてください。

釘などの金属類で穴をあけようとすると、火花が散って残ったガスに引火する可能性があるため、おやめください。

4.資源物の日に金属類のコンテナへ出す。

地域ごとに決められた「資源物の日」にスチール缶、またはアルミ缶に分別して出してください。

一度に大量に処分する場合

リサイクルセンター(外部サイトへリンク)(藤枝市岡部町内谷833-2)へ自己搬入してください。(50kgを超える場合は、有料)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市環境部廃棄物対策課

住所:郵便番号421-0205 静岡県焼津市宗高900(市役所大井川庁舎1階)

電話番号:054-662-0572

ファクス番号:054-662-0834

Email:haikibutu@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?