• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > ごみを減らそう(ごみ減量方法の紹介)

ここから本文です。

更新日:2020年3月17日

ごみを減らそう(ごみ減量方法の紹介)

ごみを減らすと、意外にも身近なメリットがたくさんあります。

今日からごみの少ない豊かな暮らしを実感しましょう!

ごみを減らす身近なメリット

  • ごみが軽くなるため、日々のごみ出しが楽になります
  • におい等が軽減されるため、ごみ集積所がカラスなどに荒らされる可能性が減ります。

生ごみ編

生ごみは水分を多く含んでおり重いため、ごみを出すにも苦労します。

生ごみを減らすことでごみ出しが簡単になります。ぜひ生ごみ減量に取り組みましょう!

生ごみは、水を切る

生ごみ処理の基本は、3(さん)きりですが、中でも水切りが一番大切です。

生ごみの水分が少なくなれば、ごみ出しも簡単になり、においも軽減されます。

生ごみを出す前には、必ず水を切りましょう。

水切りのイメージ図

生ごみ処理の基本3きり

  1. 水切り:生ごみを出す前に、軽く水を切りましょう
  2. 食べきり:買った食材、作った料理は、のこさず食べきりましょう
  3. 使い切り:食材は必要な分だけ購入し、使い切りましょう

さんきりの紹介

家庭で使おう生ごみ処理機器

たい肥になるものから、完全分解の処理機器などがありますので、用途に合わせて利用してください。

補助金やモニターでの配布等を行っておりますので、ご興味のある方は廃棄物対策課(662-0572)までお問い合わせください。

雑がみ分別編

 

みなさんのご協力により、新聞や雑誌、段ボールなどの紙は分別回収され、リサイクルされています。

しかし、2019年に行った調査では、燃やすごみの中に紙類が12.5%含まれていました。

紙類の分別には「雑がみ」と呼ばれる小さな紙の分別がまだまだ必要です。

ここで紹介する方法を実践して紙の分別にご協力をお願いします。

雑がみとは、新聞・チラシ、雑誌・本、段ボール以外の様々な製品等に使われている紙のこと。

 

紙の分別を覚えよう

雑がみは、紙のなかでも比較的小さく、製品のパッケージなどに使われています。

雑がみは、日々のちょっとした分別がカギになりますので、雑がみの簡単な分別方法を知り、今日から実践しましょう。

紙の分別

雑がみは、紙袋にためて出す

雑がみは、紙袋を使うことで簡単に分別できます。

  1. 使わない紙袋をごみ箱の横に広げておき、細かい紙類は紙袋にためる。
  2. 紙袋が一杯になったら、口を紙ひもで結んで、そのままリサイクルに出す。

雑がみの分別方法

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市環境部廃棄物対策課  廃棄物政策担当

住所:郵便番号421-0205 静岡県焼津市宗高900(市役所大井川庁舎1階)

電話番号:054-662-0572

ファクス番号:054-662-0834

Email:haikibutu@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?