• 子育て
  • 観光
  • 防災

焼津市ホームページ > 産業・観光 > 農業 > スズメバチの巣の駆除について

ここから本文です。

更新日:2022年4月22日

スズメバチの巣の駆除について

スズメバチの巣の駆除について

スズメバチは人間にとって危険なだけでなく、農業に役立つミツバチを襲ってしまいます。
そのため焼津市では、ミツバチの保護および養蜂業振興を目的として、専門業者にスズメバチの巣の駆除を委託しています。

令和4年度(令和4年5月から令和5年1月)の営巣駆除委託業者は、

「株式会社 科研」(電話番号0547-38-6001)です。

スズメバチの巣を発見したら、委託業者または農政課までご連絡ください。

ご連絡の際は必ず、以下の注意事項をご一読ください。

スズメバチの巣

初期は徳利をひっくり返したような形をしており、大きくなるにつれてボール型になっていきます。

縞模様・マーブル模様をしており、アシナガバチ等の巣と違って巣穴が1つしか開いていないのが特徴です。

スズメバチの巣(とっくり型)5月~6月ごろ(とっくり型)

スズメバチの巣(ボール型)7月~11月ごろ(ボール型)

駆除の依頼手順

  1. 委託業者に連絡し、場所や日程等について話し合い、予約していただきます。
  2. 巣の撤去作業後、確認書に記名・押印をお願いします。

注意事項

市が経費を負担するのは、「民家における営巣中のスズメバチの巣の駆除」のみです。その他の場合、依頼者に金銭負担が発生します。

(自己負担となる例)

  • アシナガバチ・ミツバチなど、スズメバチ以外の蜂の巣の場合。
  • 事業所や公共施設の敷地内に巣がある場合。
  • 現在使われていない巣である場合。(スズメバチの活動期間は5月~11月頃で、活動期間以外は巣があっても蜂がいないため、市による駆除は行いません。なお、翌年も同じ巣を使用することはありません。

巣を探すことは行っておりません。巣を探す場合においても出張費等の費用を依頼者に負担していただきます。

依頼のあったお宅を、作業スケジュールに従って順番に施工していきます。望の日時や緊急対応ができない場合がありますのでご了承ください

委託業者との契約は令和5年1月31日までです。令和5年5月以降については随時更新致します。

スズメバチに巣を作らせないために

スズメバチの巣は、4月下旬から5月頃に冬眠から目覚めた女王蜂が単独で作り始めます。この時期に単独でいる女王蜂を駆除することが、営巣を防止するのに効果的です。

農政課の窓口ではスズメバチ捕獲器を無料で提供しています。(※数に限りがあります)

作り方も簡単で、ご家庭でも作ることができますので、是非作成してみてはいかがでしょうか。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市経済部農政課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本庁舎6階)

電話番号:054-626-2157

ファクス番号:054-626-2194

Email:nousei@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?