• 子育て
  • 観光
  • 防災

焼津市ホームページ > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症対策について > 麻しん(はしか)患者の発生について

ここから本文です。

更新日:2022年8月2日

麻しん(はしか)患者の発生について

令和4年7月28日、焼津市内の医療機関Cから中部保健所に、麻しん患者の発生について届出がありました。中部保健所の調査により麻しん患者との接触者は全て特定され、医療機関から個別連絡の実施をする等、感染拡大の防止に努めています。

  • 焼津市在住の1歳6か月男児(MRワクチン未接種、現在は退院し、回復している)
  • 6月中旬から7月中旬までインドネシアへ渡航、麻しん患者と接触

麻しん(はしか)について

症状等

  1. カタル期(2~4日)には38℃前後の発熱、咳、鼻汁、くしゃみ、結膜充血、などであり、熱が下降した頃に頬粘膜にコプリック斑が出現ます。
  2. 発疹期(3~4日)には一度下降した発熱が再び高熱となり(39~40℃)、特有の発疹(小鮮紅色斑が暗紅色丘疹、それらが融合し網目状になる)が出現します。発疹は耳後部、頚部、顔、体幹、上肢、下肢の順に広がる。
  3. 回復期(7~9日)には解熱し、発疹は消退し、色素沈着がおこります。
  • なお、上記症状を十分満たさず、一部症状のみの麻しん(修飾麻しん)もみられることがあり、これは麻しん・風しんワクチン(MRワクチン)による免疫が低下してきた方に見られることが多くあります。

感染経路等

  • 麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。
  • 感染する時期は、発症の1日前から解熱後3日後までとされています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。
  • ワクチンの効果は非常に高く、ワクチン接種を受けた人の95%以上が免疫を獲得します。しかし、接種しても、数%は免疫が獲得できない場合や、獲得した免疫が持続しない場合があります。
  • 現在、1歳(第1期)と小学校入学前年度(第2期)に、MRワクチンの定期予防接種を実施しており、予防接種をしていれば感染するリスクは少なくなります。なお、静岡県では第1期では97.1%、第2期では94.8%の方がMRワクチンを接種しています(令和2年度実績)。

潜伏期間

約10日~12日間

治療

特異的な根治療法はなく、対症療法を行います。

その他

MRワクチン未接種の方で、麻しん(はしか)と診断された方や熱や発疹のある方と接触後に37.5℃を超える熱や、全身の発疹等麻しんを疑う症状が現れた場合は、事前に医療機関に連絡しマスク着用の上、指示に従い受診してください。また、移動の際は、周囲の方への感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。

詳しくは下記関連リンクをご参照ください。

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

静岡県ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:焼津市健康福祉部健康づくり課

住所:郵便番号425-0035 静岡県焼津市東小川1-8-1(保健センター)

電話番号:054-627-4111

ファクス番号:054-627-9960

Email:kenko@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?