• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

焼津市特定不妊治療費助成金交付について

焼津市少子化対策として、子どもを欲しいと望んで特定不妊治療を受けている夫婦に対して、経済的負担を軽減するために費用の一部を助成しています。

(「特定不妊治療」とは、不妊治療のうち保険適用外となる顕微授精を含む体外受精をいいます)

令和3年1月1日以降に終了した治療に対する支援の拡充について

静岡県では令和3年1月1日以降に終了した治療を対象に助成制度を拡充をしております。

静岡県から補助を受ける場合には、焼津市への申請よりも先に、静岡県への申請を行ってください。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う令和2年度における取扱いについて

年齢要件の緩和新型コロナウイルス感染防止の観点から一定期間治療を延期した場合、時限的に一部の方の年齢要件が緩和されます。

1.助成対象

体外受精と顕微授精

2.対象者

治療開始日における妻の年齢が43歳未満である夫婦

夫または妻の住所地が、申請を行う日の1年以上前から焼津市内である夫婦

(※)年齢要件の緩和新型コロナウイルス感染防止の観点から一定期間治療を延期した場合、時限的に一部の方の年齢要件が緩和されます。特定不妊治療費助成制度(静岡県ホームページ)(外部サイトへリンク)

3.所得制限

所得制限なし

4.助成額

1回の治療につき、25万円を上限とする

(1)静岡県特定不妊治療費補助金の交付を受けた方

(治療費-静岡県特定不妊治療費助成決定額)×2/3

(2)静岡県特定不妊治療費補助金の交付を受けていない方

(治療費-自己負担15万円)×2/3

5.助成回数

1夫婦で通算10回まで。

6.提出書類

静岡県特定不妊治療費補助金制度を利用された方

1)焼津市特定不妊治療費補助金交付申請書(PDF:51KB)

2)特定不妊治療受診等証明書【県に提出した書類の写しでも可能です】(PDF:70KB)

3)特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書とコピー

  • 領収書はコピーを提出していただき、本書は「申請済」と押印し、お返しします。

4)請求書(PDF:47KB)

  • 住所・氏名以下をご記入ください(金額や日付の記入は不要です)

5)静岡県特定不妊治療費助成金決定及び確定通知書(写しでも可)

静岡県特定不妊治療費補助制度を利用しない方

上記の1)から4)の書類に加え、次の書類

1)夫および妻の住民票

2)夫および妻の戸籍謄本または戸籍全部事項証明書

3)事実婚関係に関する申立書(事実婚の場合は両人の戸籍謄本・住民票に加えて、両人の事実婚関係に関する申立書の提出が必要となります)(PDF:45KB)

  • 1)、2)については申請日から3か月以内のものですが、コピーでも可能です。

7.申請期間

1)静岡県の補助を受けた方

静岡県からの補助金交付決定の日から起算して3カ月以内に申請してください。

2)静岡県の補助を受けなかった方

治療終了日が4月~12月:治療最終日が属する年度の翌年度7月31日まで

治療終了日が1月~3月:治療最終日の翌日から7か月以内

申請期間を過ぎてしまうと受付ができませんので、早めに申請をしてください。

申請や問い合わせは、保健センターまでご連絡をください

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市健康福祉部健康づくり課

住所:郵便番号425-0035 静岡県焼津市東小川1-8-1(保健センター1階)

電話番号:054-627-4111

ファクス番号:054-627-9960

Email:kenko@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?