• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 児童扶養手当と公的年金等との併給制限の見直し

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

児童扶養手当と公的年金等との併給制限の見直し

2014年(平成26年)12月1日から、公的年金等を受給していても、児童扶養手当と公的年金等との差額分を受給できるようになります。

これまで、公的年金等を受給できる場合は児童扶養手当を受給できませんでしたが、2014年(平成26年)12月からは、公的年金等を受給していても、年金等の額が児童扶養手当額よりも低い場合には差額分の手当が受給できるようになります。

どのような場合に受給できるようになりますか?

今回の改正により、新たに児童扶養手当を受給できるのは次のような場合などです。

  • 児童を養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
  • 父子家庭で、児童が低額の遺族厚生年金等のみを受給している場合
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、児童が低額の遺族厚生年金のみを受給している場合

参考

児童扶養手当額(月額)
児童の数 全部支給の場合

一部支給の場合

(所得に応じて計算されます)

1人

41,020円

41,010円~9,680円

2人

5,000円を加算

5,000円を加算

3人

3,000円を加算

3,000円を加算

詳しくは、ひとり親家庭への各種支援制度のページをご覧ください。

新たに受給するための手続きは?

児童扶養手当を受給するためには子育て支援課への申請が必要です。
2014年(平成26年)12月より前であっても申請が可能です。

申請先

  • 子育て支援課(市役所アトレ庁舎1階、電話番号:054-626-1137)

いつから支給されますか?

児童扶養手当は、申請の翌月分から支給されます。
ただし、次の経過措置が設けられています。

経過措置

今回の改正により、2014年(平成26年)12月1日において児童扶養手当の支給要件を満たしている人が、2015年(平成27年)3月31日までに申請した場合は、2014年(平成26年)12月までさかのぼって手当が受給できます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市こども未来部子育て支援課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎1階)

電話番号:054-626-1137

ファクス番号:054-626-2187

Email:jidou@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?