• 子育て
  • 観光
  • 防災

焼津市ホームページ > 暮らし > 年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > 【後期高齢者医療保険】新型コロナウイルス感染症関連 > 【後期高齢者医療保険】新型コロナウイルス感染症の影響による保険料の減免について

ここから本文です。

更新日:2022年7月12日

【後期高齢者医療保険】新型コロナウイルス感染症の影響による保険料の減免について

焼津市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者(世帯主または後期高齢者医療保険制度の被保険者を指します)の収入が一定程度下がるなどの後期高齢者医療保険制度の被保険者に対し、申請により後期高齢者医療保険料を免除または減額します。

減免対象となる方

区分 減免対象 減免内容

新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、又は重篤な傷病を負った世帯の方 後期高齢者医療保険料を全額免除

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯(※)の方 後期高齢者医療保険料の一部を減額

(※)イは世帯の主たる生計維持者について、次の1~3の要件に全てあてはまること。

  1. 事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
  2. 前年の所得の合計額が、1,000万円以下であること
  3. 収入減少が見込まれる事業収入等の所得以外の前年の所得の合計額が、400万円以下であること

減免対象の保険料

令和4年度分で、納期限が令和4年4月1日から令和5年3月31日までのもの。

減免額の計算方法

『減免対象保険料額(A×B÷C)』に『減免割合(D)』をかけた金額

減免対象保険料額の計算方法
減免対象保険料額(A×B÷C)
A 世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額
B 世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る前年の所得額
C 世帯の主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額
所得区分に応じた減免割合
世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得 減免割合(D)
300万円以下の場合 全部(10分の10)
400万円以下の場合 10分の8
550万円以下の場合 10分の6
750万円以下の場合 10分の4
1,000万円以下の場合 10分の2

主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全部を免除。

申請期限

令和5年3月31日

申請時に用意するもの

アとイで共通の提出書類

アの世帯

  • 新型コロナウイルス感染症のり患を証明する書類(医師の診断書など)

イの世帯

  • 世帯の主たる生計維持者の前年の収入がわかる書類の写し(確定申告書・住民税申告書の控え、給与明細書など)
  • 世帯の主たる生計維持者の本年1月以降の収入がわかる書類の写し(収入と必要経費が確認できる帳簿、給与明細書など)
  • 保険金・損害賠償金の支払いを受けている場合は、保険会社等からの通知書など

失業または廃業した世帯

  • 税務署提出の廃業届、離職証明書など

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市健康福祉部国保年金課  後期高齢者担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本庁舎2階)

電話番号:054-626-2164

ファクス番号:054-626-2187

Email:nenkin@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?