• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 防災・防犯 > 防災 > 焼津市消防団

ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

焼津市消防団

消防団の歴史

江戸時代、八代将軍徳川吉宗が、江戸南町奉行の大岡越前守に命じ、町組織としての火消組である店火消(たなびけし)を編成替えし、町火消「いろは四八組」を設置させたことが今の消防団の前身であると言われています。現在では、火災発生時に住民の生命・身体及び財産を保護するとともに、地震や火災・風水害等の災害を防除し、これらの災害による被害を軽減させることを任務としています。災害は、時と場所を選ばずに発生し多くの人手が必要となります。そのような災害が発生した時、地域の防災リーダーである消防団員が活躍することにより、多くの人命や財産が守られています。平常時においても、地域の防災訓練指導のほか、応急手当の指導や火災予防活動など、地域の安心安全を守るための重要な役割を担っています。

消防団の活動って?(外部サイトへリンク)

 

焼津市消防団について

2008年(平成20年)11月1日、焼津市と大井川町の市町合併に伴い焼津市消防団と大井川町消防団も1つに統合。4個方面隊・19個分団、528名の団員で組織され、長い歴史と伝統をともに守りつつ更なる飛躍を誓い新たな焼津市消防団として発足しました。

毎年、日本各地で様々な災害が発生し大きな被害が出ており、焼津市にもいつどのような災害が起こるのかわかりません。そのため、焼津市消防団では常日頃より地域を見守り、消防車両や機械器具の点検を行い、有事の際はすぐに活動できるように備えています。また、各種訓練や講習会に参加して防災や応急手当の知識・資格の取得ができ、地域への貢献だけでなく自身のスキルアップにも繋がります。みなさんも、大切な人たちの笑顔を守る消防団員の仲間になりませんか?

 

焼津市消防団組織図(PDF:23KB)

分団

機能別消防隊

女性消防隊

ラッパ隊

ドローン隊

広報誌

活動の一部や団員の声などをご紹介しています。

消防団員になるには 

焼津市に居住している、または通勤・通学している18歳以上の健康な方ならどなたでも入団できます。随時募集をしていますので、お近くの消防団員または地域防災課へお問い合わせください。

入団時提出書類

  1. 入団届(PDF:134KB)
  2. 宣誓書(PDF:69KB)
  3. 口座振替依頼書(PDF:224KB)
  4. マイナンバー(個人番号)連絡票(PDF:157KB)

1~4の書類は、各分団・地域防災課でも配布しています。

消防団員の仕事 

  • 火災の消火
  • 河川などの氾濫時の水防活動
  • 救助や遭難者・行方不明者の捜索
  • 避難時の誘導
  • 住宅の防火防災指導
  • 市民に対する応急手当の普及
  • 火災予防特別警戒

 

消防団員の処遇 

団員報酬

消防団員には一定額の報酬が支給されます。報酬額は焼津市の条例で定められており年額は次のとおりです。

  • 団長…100,000円
  • 副団長…85,000円
  • 分団長…65,000円
  • 副分団長…50,000円
  • 班長…40,000円
  • 団員…30,000円
  • 機能別隊員…15,000円

出動手当

  • 水・火災出動…3,500円/1回
  • 警戒・訓練等…3,000円/1回

公務災害補償

市が行う補償

消防団員が災害現場や訓練中などにおいて負傷等した場合、市の条例に基づき、公務災害等の補償がされます。
療養補償・休業補償・傷病補償・年金障害補償・介護補償・遺族補償・葬祭補償

日本消防協会が行う補償

入団した日から加入する日本消防協会の福祉対策事業では、公務上において、死亡または重度障害を受けた消防団員に対して、弔慰救済金または障害見舞金が給付されるほか、消防団員福祉共済制度から公務、公務外の各事由の内容により、弔慰金または見舞金、援護金が支給されます。

賞じゅつ金など

消防団員が、災害現場等で身の危険を顧みず職務を遂行して障害を受け、そのために死亡し、または重度の障害を負った場合、国から賞じゅつ金が支給される場合があります。市でも国の賞じゅつ金の基準に準じて、条例により本制度を設けています。

退職報償金

5年以上勤務した消防団員が退職した場合、その勤続年数や階級に応じて退職報償金を支給します。

被服等の貸与

消防団活動に必要な被服類、安全装備品は市から貸与されます。

表彰制度

国が行う表彰

  • 叙位叙勲褒章・内閣総理大臣表彰・総務大臣表彰・消防庁長官表彰・退職消防団員報償等

日本消防協会が行う表彰

  • 団体表彰:特別表彰「まとい」表彰旗竿頭綬
  • 個人表彰:特別功労章・功労章・功績章・精積章・勤続章等

静岡県が行う表彰

  • 県知事表彰・消防功労者表彰等

静岡県消防協会が行う表彰

  • 団体表彰:表彰旗・竿頭綬
  • 個人表彰:特別功績章・功績章・特別功労章・功労章・勤続章等

静岡県消防協会志太支部が行う表彰

  • 特別功労章・功労章・勤続章等

市で行う表彰

  • 市長表彰・市長感謝状・団長表彰・団長感謝状等

ページの先頭へ戻る

消防団員の身分 

消防団員は特別職の地方公務員

消防団員は、生業をもちながら災害活動などに従事し、その身分は特別職の地方公務員となります。

消防団員の服務

消防団への入団は本人の自由意思によりますが、懲戒などの処分で免職されることがあります。

消防団員が個人で政党に入党することや選挙運動すること、公職の候補者となり公職に就くことは自由ですが、消防団員の地位を利用して選挙活動はできません。

消防団長および消防団員

消防団の長は消防団長であり、消防団の推薦に基づき市長が任命します。

消防団長は、消防団に関する事務を総括し消防団員を指揮監督します。

消防団員は、市長の承認を得て消防団長が任命し、上司の指揮監督を受け消防活動に従事します。

消防団員の階級

消防団員の階級は、総務省消防庁の定める基準に従い、団長、副団長、分団長、副分団長、部長、班長、団員の7階級となっていますが、焼津市では、規則により部長を除く6階級となっています。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市防災部地域防災課(消防団に関すること)

住所:郵便番号425-0041 静岡県焼津市石津728-2(消防防災センター2階)

電話番号:054-623-2572

ファクス番号:054-623-7870

Email:shobodan@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?