• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 市政 > 施策・計画 > E-Government・YAIZU(イーガバメント・ヤイヅ) > プログラムで操るロボット講座を開催しました。

ここから本文です。

更新日:2018年8月22日

プログラムで操るロボット講座を開催しました。

2018年8月4日(土曜日)に、ディスカバリーパーク焼津天文科学館で、最新のロボットOzobot(オゾボット)を使ったプログラミング講座を開催しました。市内の小学3~6年生あわせて47人が参加し、3・4年生のコースと5・6年生のコースに分かれてプログラミングを体験しました。

なぜこの講座を開催したのか

本講座は「E-Government・YAIZU(イーガバメント・ヤイヅ)」の一環として実施したもので、2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化されるのを前に、まずは子どもたちに楽しみながらプログラミングを体験してもらうことを目的としています。なお、講座の開催にあたっては、当市と連携協定を結んでいるNTT西日本静岡支店様の全面的な協力をいただきました。

どんな講座内容だったのか

講座内容(3.4年生)

小学3・4年生は、線に沿って動くロボットに、ペン・命令シールを利用して命令し、目的地まで導きました。大人が「アッ!」と驚く命令シールの使い方や導線の引き方をしている子もちらほら。プログラミングの楽しさを体感できたかな?

 

講座内容(5.6年生)

小学5・6年生は、線に沿って動くロボットに、タブレットとブロックプログラミングツールを利用して命令し、目的地まで導きました。ツールはあえて英語表示でのチャレンジ。講師が「英語でやります」と言ったら「エーッ!」という反応が。でもみんな、真剣にプログラミング的思考の基礎を学びました。

3・4年生向けコースの内容

1.ロボットを動かす前にキャリブレーション(調整)を行います。
キャリブレーション

 

2.実際にロボットが線の上を走る様子を観察します。ロボットは線の色をひろって光ります。
3・4ロボットを走らせる

 

3.ロボットに命令するためのカラーコードの種類を覚えます。例えばロボットが「かたつむり」のカラーコードを読み込むと、動きがすごくゆっくりになります。
命令シール

 

4.カラーコードを読み取った際のロボットの動作を確認します。ちゃんと左へ曲がってくれるかな?
ロボット動作確認

 

5.命令シールを使ってロボットをゴールまで導きます。失敗してもシールを貼りなおして再チャレンジ!
命令シール

 

5・6年生向けコースの内容

1.タブレット上でOzoBlockly(オゾブロックリー:ウェブアプリケーション)を立ち上げ、ロボットを動かす前にキャリブレーション(調整)を行います。
オゾブロックリー

 

2.OzoBlocklyで命令ブロックを配置して、ロボットに読み込ませる方法を覚えます。例えば「follow line to next intersection or line end」は「次の交差点か線の終わりまで線の上を進みなさい」という命令で、「pick direction:left」は「(ロボットの正面から見て)左を向きなさい」という命令です。
読み込ませる操作

 

命令ブロックを配置し終わったら画面上にロボットを置き、画面の点滅をロボットに読み込ませることで、命令を覚えさせることができます。
命令伝達方法

 

3.逐次処理、繰り返し、条件分岐の例を確認しながら、ロボットに命令するためのブロックの種類を覚えます。たくさんあるけど落ち着いて覚えよう。
ブロックの種類

 

4.ロボットに命令を読み込ませ、逐次処理、繰り返し、条件分岐を駆使してロボットをゴールまで導きます。想像したとおりに動いてくれなかったら、命令ブロックを配置しなおして再チャレンジ!
各種問題クリア

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市行政経営部シティセールス課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館5階)

電話番号:054-626-9414

ファクス番号:054-626-2186

Email:koho@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?