• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 新型コロナウイルス感染症(関連情報の一覧) > 「緊急事態宣言」に係る焼津市の対応方針

ここから本文です。

更新日:2021年9月10日

「緊急事態宣言」に係る焼津市の対応方針

令和3年8月5日、新型インフルエンザ等対策特別特措法(平成24年法律第31号。以下「法」という。)第31条の4第3項に基づく新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置区域に静岡県が追加され、まん延防止等重点措置を実施すべき期間を令和3年8月8日から令和3年8月31日までの24日間とする旨の公示がされました。
8月12日には、静岡県が定めた措置区域に、本市も措置区域に追加されました。
8月17日には、法第32条第3項に基づき、緊急事態措置区域に静岡県も追加され(同日、静岡県は重点措置区域から除外された。)、9月9日には、緊急事態措置を実施すべき期間を延長し、令和3年8月20日から令和3年9月30日までとする旨の公示がされたことから、静岡県の対応方針も踏まえ、引き続き、県と連携し、次の必要な措置等を行います。

1.措置を実施する期間

令和3年8月20日(金曜日)~9月30日(木曜日)

2.本市の対応

(1)基本的な考え方

デルタ株をはじめとする新たな変異株ウイルスは、従来株やアルファ株に比べ感染力が非常に強く、若年層への急激な感染拡大やワクチン接種が終わっていない成人の重症化が懸念されている。
このことから、感染拡大を防止し、重症者・死亡者の発生を可能な限り抑制するため、飲食機会での対策の徹底や人流の抑制等の一層の取組を進めていく。

(2)市民への感染防止対策の周知

1.外出自粛要請の周知

法第45条第1項の規定に基づき、知事から県民に対し、日中を含め、特に、飲食店等に対して営業時間の短縮を要請する午後8時以降の不要不急の外出自粛が要請されたことを踏まえ、これを市民に対し周知する。

2.県境を跨ぐ移動の自粛要請

すべての都道府県との不要不急の移動・往来は自粛を呼びかける。

3.「密」の回避

3密(「密閉」「密集」「密接」)の条件が揃う場面において、感染が拡大するとされているが、デルタ株の強い感染力を踏まえ、たとえ「1密」であっても回避することが求められる。
混雑している時間や場所等への外出を極力減らすとともに、人と人との距離を従来以上に離すことを心がけ、屋外であっても密にならない行動をするよう注意喚起する。

4.会話や歌唱の際の注意

マスクを着用していない会話や歌唱などで感染が拡大する事例を踏まえ、室内や移動中の車内、カラオケでの感染に注意するよう呼びかける。
また、デルタ株の強い感染力を踏まえ、マスクを着用していても、大声の会話・歌唱については、屋外を含めて、感染リスクが高まることを注意喚起する。

5.飲食の際の注意

飲食の場での感染リスクが高いことを踏まえ、飲食時での黙食と会話時のマスク着用の徹底を呼びかける。
また、仲間同士で行う会食やバーベキューでの感染拡大が見られることから、親睦会等の飲食機会の回避のほか、同居家族以外との多人数での飲食をはじめ、路上や公園等における集団での飲食は行わないよう呼びかける。

6.飲食店等での対策

法第45条第1項の規定に基づき、知事から県民に対し、感染対策が徹底されていない飲食店等や休業要請又は営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用を厳に控えるよう要請されたことから、飲食店を利用する場合は、「やいづ飲食店セーフティ大作戦」参加店舗など、県が推進している「ふじのくに安全・安心(飲食店)認証」を受けた店舗を利用するよう呼びかける。

(2)市主催イベント等への対応

市主催のイベントや会議等について、中止・延期を含めた開催方法の見直しを検討する。
市が共催となっているイベント等については、主催者に対し、中止・見直しの検討を働きかける。

(3)公共施設の対応

  1. 各施設で実施している開館時間の短縮、人数制限の適切な実施等をはじめ、感染防止対策の更なる徹底を行う。
  2. 施設の開館時間等については県の要請に従うとともに、建築物の床面積の合計が1,000平方メートル以下の施設についても、県の要請に準じた対応とする。
  3. 「焼津市新型コロナウイルス感染症対策業務継続計画」を改訂し、それに基づき必要な措置を講じる。

(4)事業所、医療・福祉施設等への要請

業種別ガイドラインによる感染防止対策の更なる徹底をはじめ、換気・湿度・二酸化炭素濃度などの管理を行い、感染しにくい環境を確保するよう呼びかける。
入館・入室者の検温、施設利用自粛、マスク着用、手指消毒などの徹底、顧客や利用者の名簿作成、接触確認アプリ(COCOA)の活用などの対策を呼びかける。
感染リスクが高まる「5つの場面」の回避、特に、「居場所の切り替わり」時(休憩室、更衣室、喫煙室等)の感染防止対策について、注意喚起する。
事業者に対しては、在宅勤務(テレワーク)、時差通勤、自転車通勤、人との接触を低減する取組など、「出勤者の7割削減」を含めた感染防止対策の強化とともに、午後8時以降の勤務を抑制することを要請する。

(5)学校教育活動での対策

デルタ株等の変異株ウイルスについては、若年層への感染拡大が従来株よりも強く懸念されることから、児童・生徒に対し、基本的な感染防止の更なる徹底を周知する。
小学校、中学校、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所等において、感染防止対策の徹底を図るとともに、部活動などにおいては、感染症対策を講じてもなお感染リスクの高い活動を停止する等の制限を実施する。

3.県が実施する措置

県が実施する措置の主なもの

  • 飲食店等への要請(酒類又はカラオケを提供する飲食店等への休業要請、それ以外の飲食店への午後8時までの営業時間の短縮要請等)
  • 飲食店以外の施設への対応(大規模集客施設等について午後8時までの営業時間短縮、入場者の整理等、人数上限5,000人かつ収容率50%以内の要請等)
  • 外出自粛要請、県境を跨ぐ移動制限、密の回避、会話や歌唱の際の注意、飲食・の際の注意、飲食店等での対策
  • イベントの開催制限等(収容率50%以内または人数上限5,000人以下、営業時間午後9時まで)
  • 公立文化施設等への要請(開館時間の短縮、人数制限の強化、観光施設については原則休館等)

お問い合わせ

所属課室:焼津市行政経営部シティセールス課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本庁舎4階)

電話番号:054-626-2145

ファクス番号:054-626-2186

Email:koho@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?