• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2013年2月14日

 

焼津小泉八雲記念館

八雲散策

八雲の焼津での足跡を追ってみましょう

八雲散策マップ(地図内のポイントについて、このページで解説しています)  滞在の家跡の石碑 波除け地蔵 海蔵寺 八雲の碑 新川橋の記念碑 熊野神社 教念寺 焼津神社 当目の浜の絶壁と鰻屋跡 水天宮の小川屋 光心寺 光心寺跡

オレンジ色の丸印の個所について、以下に解説しています(以下のテキストと対応しています)。

市内の散策にご活用ください。

 八雲滞在の家跡の石碑

八雲は1897(明治30)年から1904(明治37)年(明治31年と同36年を除く)の夏の間、ここに滞在しています。この家屋は、1949(昭和24)年9月に静岡史蹟に指定されましたが、1968(昭和43)年9月に明治村に移されたため、現在そこには「小泉八雲滞在の家跡」の碑が建つのみです。

 滞在の家跡の碑

地図に戻る

 


 浪除け地蔵

ある日、一雄(八雲の長男)、書生の玉木、そして乙吉と焼津の堤防を散歩していた八雲は、首が取れて代わりに石がおいてあるお地蔵様を見つけ、あまりに無惨である、一雄の名前で新しいお地蔵様を作ろうと石屋に依頼しましたが、セツ夫人に縁起が悪いと反対され断念しました。
地蔵様はその後、首をセメントでつなぎ、「浪除け地蔵」と称して守られてきました。しかしあまりに傷みが著しくなり、1966(昭和41)年、地元の人の浄財により、古い地蔵を光心寺に納めるとともに、身代わりの新しい地蔵様を作製して、元の場所に小堂宇を設けて祀りました。新旧地蔵尊には今も香華が絶えることがありません。
波除け地蔵

地図に戻る

 海蔵寺

 海蔵寺

1859(安政6)年、焼津港から讃岐へ向かう途中遭難した福寿丸で、ただ一人助かった天野甚助は一枚の板子にすがって2日2晩泳ぎ続けたといいます。甚助はその板子をいつもお助けを祈っている小川のお地蔵さま(海蔵寺)に奉納しました。八雲は焼津で天野甚助老人からこの体験談を聞き、「漂流」(『日本雑記』に所収)という作品を書き残しました。この板子は、長い間海蔵寺に保存されていましたが、現在は焼津小泉八雲記念館に展示してあります。

甚助の板子→甚助の板子の写真

地図に戻る

 八雲の碑(焼津駅)

焼津駅前にある記念碑(顕彰碑)は、焼津小泉八雲顕彰会が1966(昭和41)年8月に建立したものです。“小泉八雲像”と題した白御影石の碑の表には、八雲の横顔を彫ったブロンズのレリーフと「焼津にて」の一節を刻んだ黒御影石がはめ込まれています。

駅前の碑

地図に戻る

新川橋の碑

仙台石に「小泉八雲先生諷詠之地」と刻された記念碑は、1925(大正14)年5月、当時の焼津青年団が大正天皇の銀婚式を記念して、町役場前の旧東小学校玄関脇に建てたもので、その後、1984(昭和59)年に現在の場所に移りました。

新川橋の碑

地図に戻る

熊野神社

昼なお薄暗いという形容がぴったりだった熊野神社の林ですが、現在では裏の道路が拡張されて周辺の開発が進み、日が差し込むようになりました。

八雲と一雄が乙吉を伴って訪れた時、乙吉と奥村(八雲と一緒に焼津へ来ていた書生)が昼なお暗い社の裏で、地面が火のように熱くなる体験をしますが、八雲と一雄は何ともありませんでした。不思議がる八雲は、しきりに探索しましたが、結局何も発見できませんでした。

熊野神社

地図に戻る


 教念寺・熊野神社・焼津神社

母(二十八代忍晃の妻)が嫁にきて間もなくの頃、裏の畑で仕事をしている処へ乙吉が垣根越しに面を出して、「おばさん、八雲先生が来たので、泉水(池)の鯉を見せてくりよや」といった。
「ああええともサ」と返事すると、乙吉のほうがむしろ背の高い、目の大きい外人さんが入って来てニコニコ笑って頭を下げた。
そして、池の鯉を見たり、本堂の屋根から上に枝を覗かせている大松を眺めて「大変いい景色」と何度もほめていた。母が渋茶を汲んで出すと喜んですする様に飲んだ。茶碗を持つ手も型にはまっていて、この外人さんはきっと偉い人に違いないと思った。(北山宏明著『小泉八雲と焼津』より)

焼津神社から鎌倉街道を教念寺へ、熊野神社から甚助の板子の奉納してある海蔵寺へ、とたどる道筋は八雲の散歩道の一つでした。

教念寺

教念寺

熊野神社の写真

1908(明治41)年の熊野神社
写真はその名を知られた「かぶと松」

 焼津神社

焼津神社

地図に戻る

進藤理容所

進藤床屋でヒゲを剃らせた八雲はその技術に感服し、早速自分のナイフを研がせたところ、見事に研ぎあがっていたため、3銭の研料のところを50銭贈ったそうです。

八雲の帰京後、進藤床屋から丁寧な礼状が届き、八雲は大変喜びました。その礼状は現在、焼津小泉八雲記念館に展示してあります。

進藤理容院

地図に戻る

当目の浜

手前に小さな浜があり、ここの海岸へも八雲は時折遊びに来ました。
途中、鰻(うなぎ)料理専門の小料理屋があり、乙吉の案内で時々立ち寄りました。


当目の浜

地図に戻る

 

問合先

焼津小泉八雲記念館

開館時間

午前9時~午後5時※入館無料

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝休日のときは以後の最初の平日)

年末年始(12月29日~1月3日)

展示替期間

焼津小泉八雲記念館のメニューに戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課小泉八雲記念館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津文化センター内)

電話番号:054-620-0022

ファクス番号:054-620-0022

Email:koizumiyakumo@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?