• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 市長の部屋

ここから本文です。

市長の部屋

ご挨拶

焼津市長の中野弘道(なかのひろみち)です。

近年の本市を取り巻く社会情勢は、全国の地方都市と同様に人口減少、少子・高齢化の進行、情報化社会の進展、大規模自然災害等の不測の事態への備えなどにより、大きく変化しており、このような社会情勢の変化を的確に捉えるとともに、スピード感を持って対応できる柔軟な市政運営が必要とされています。

また、先人が築き上げた歴史・文化を大切につなげ、本市の持つ多様な地域資源を磨き上げ、これらを活かし、結び、循環させることで、市民の皆様が輝かしい生活を安心しておくれるまち、持続可能なまちを目指していく必要があります。

そこで、第6次焼津市総合計画において、4つの政策目標を掲げさせていただきました。

1つ目は、「子どもがいきいきと輝き みんなで教育・子育てを支えるまちづくり」として、少子化対策に取り組むため、子どもと子育て世代の目線にたち、未来のまちづくりの担い手となる子どもたちが夢や希望を持ち、いきいきと成長できるまちづくりであります。

2つ目は、「共に支え合い健やかに暮らせるまちづくり」として、超高齢社会を迎え、子どもから大人まで全ての市民が住み慣れた家庭や地域で互いに支え合い、健康で幸せに暮らせることができるまちづくりであります。

3つ目は、「産業の発展と交流でにぎわうまちづくり」として、水産業・農業・商工業などの産業の更なる発展を図るとともに、焼津市が持つ歴史・伝統・食文化・スポーツなどの多彩な地域資源を磨き上げ、これらを市内外、また広く世界へ情報発信をすることで交流人口の拡大を図っていくまちづくりであります。

4つ目に、「暮らしやすく安全で安心なまちづくり」として、様々な災害に対する防災・減災対策、防犯や交通安全などの日常における対策を進め、安全で安心して暮らせるまちづくり、暮らしを支える生活基盤の整備や地球環境に配慮したまちづくりであります。

この4つの政策とこれらを具体化するための施策を展開することで、「焼津に住み続けたい 住んでみたい 行ってみたい」と思えるまちづくりに取り組んでまいります。

そこで、今年のキーワードは「協」であります。焼津市が持っている資源を皆様と共に協力・協働・協調して磨きあげ、皆様の力を結集し、焼津の未来を創造してまいりたいと考えますので、引き続き皆様方のご指導・ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

所属課室:焼津市総合政策部秘書課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館5階)

電話番号:054-626-2140

ファクス番号:054-626-1284

Email:hisho@city.yaizu.lg.jp