• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2016年5月19日

塩辛

塩辛

起源

日本独特の味覚として親しまれている塩辛。その起源は、魚介類を保存するための手段として塩漬けにしていたのが始まりだと言われています。古来から、各地で魚介類が塩漬けされ、そのうち塩漬けの中に原料の味とは異なった独特のうまみを持つようになることがわかり、それが発展して今の塩辛になったと言われています。

かつおの塩辛、いかの塩辛

焼津のかつおの塩辛「酒盗(しゅとう)」は、通の方々に人気の逸品です。また、いかの塩辛は「赤作り」と「白作り」が特徴で、その上品な味は酒の肴、ご飯のお供に好評です。

焼津の特産品「水産加工品」へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市水産部水産振興課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館3階)

電話番号:054-626-2152

ファクス番号:054-626-2188

Email:suisan@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?