• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

申請書の配信サービス「航行に関する報告書・証明申請書」

申請書の概要

航行に関する報告事由が発生したときに提出する報告書と、当該報告事実の証明を受けるための申請書です。なお、報告が必要なのは次のときです。

  • 船舶の衝突、乗揚、沈没、滅失、火災、機関の損傷その他の海難が発生したとき
  • 人命または船舶の救助に従事したとき
  • 航行中、他の船舶の遭難を知ったとき
  • 船内にある者が負傷、死亡、行方不明となったとき
  • 予定の航路を変更したとき
  • 船舶が抑留、捕獲されたきその他船舶に関し著しい事故があったとき

申請書PDFファイル

受付窓口と取扱時間

月曜日から金曜日(年末年始および祝休日を除く)の午前8時30分から午後5時まで、次の窓口で受け付けています。

  • 焼津市役所市民課(市役所本館2階3番窓口)
  • 大井川港管理事務所(焼津市飯淵2160番地)

届出(申請)できる人

航行に関する報告

  • 報告書の名義は船長(船長が死亡したときなど、やむを得ない事由があるときは、船舶所有者でもよい)

航行に関する報告書の証明申請

  • 船長または船舶所有者(申請者は報告書の名義人と異なっていてもよい)

持ち物

航行に関する報告

  1. 航行報告書3通
  2. 公用航海日誌(沈没などにより提示できない場合は、航行報告書をもう1通)
  3. 船長の船員手帳・海技免状(機関部の事故の場合には機関長の海技免状も必要)

航行に関する報告書の証明申請

  1. 航行報告証明申請書
  2. 公用航海日誌(やむを得ない事由により提示できない場合は、運輸局長または日本領事館が証明した報告書の写しが必要です)
  3. 報告書の写し(申請通数分)
  4. 手数料1通につき2,600円

注意事項

  • 報告書及び証明申請は、代理人による提出もできますが、報告者との関係を確認させてもらいます。
  • 報告は必ず書面で行ってください(口頭では受理できません)。
  • 大井川港管理事務所では航行報告の証明は行っておりません。

船員事務に戻る

申請対象組織別メニュー「市民課」へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市市民部市民課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館2階)

電話番号:054-626-1116

ファクス番号:054-626-2183

Email:shimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?