• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 事業者向け > 企業支援 > 最低賃金引き上げに伴う中小企業支援事業について

ここから本文です。

更新日:2017年8月29日

 

最低賃金引き上げに伴う中小企業支援事業について

静岡県内で働くすべての労働者に適用される「静岡県最低賃金」が平成29年10月4日から「時間額832円」に改定決定される予定となりました。

静岡労働局ホームページ最低賃金関連ページ(外部サイトへリンク)

厚生労働省及び静岡労働局では、最低賃金の引き上げにより大きな影響を受ける中小企業の事業主を支援するため、以下の事業を行っています。

 

最低賃金ワンストップ無料相談

賃金引上げを行うには、生産方法や販売方法を改善して売上げを伸ばすとともに、賃金・労働時間制度、安全衛生管理などの見直しも必要になることがあります。こういった中小企業事業主が抱えるさまざまな経営、労務管理の課題を明らかにし、問題解決を支援するため、ワンストップで無料相談に応じる場を設けています。

経営に関する相談の例

  • 販路開拓
  • 新規事業
  • 技術指導
  • 資金調達など

労務管理に関する相談の例

  • 賃金・退職金・労働時間制度の見直し
  • 就業規則(賃金規定など)の改正
  • 高齢者雇用
  • 人材育成など

業務改善助成金

中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステムなどの導入)などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

支給対象者

事業場内最低賃金が1000円未満の中小企業・小規模事業者

支給要件

1.賃金引上計画を策定すること

(事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる。(就業規則などに規定))

2.引上げ後の賃金額を支払うこと

3.生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより、業務改善を行い、その費用を支払うこと

(単なる経費削減のための経費、職場環境を改善するための経費、パソコン、営業車両など社会通念上当然に必要となる経費は除きます)

4.解雇、賃金引き下げ等の不交付事由がないこと、など

助成額

申請コースごとに定める引上げ額以上、事業場内最低賃金を引き上げた場合、生産性向上のための設備投資などにかかった費用に助成率を乗じて算出した額を助成します(千円未満切り捨て)。

申請区分

助成対象事業場

引上げ額

助成率

助成の上限

30円コース

事業場内最低賃金が

750円未満の事業場

30円以上

7/10

50万円

40円コース

事業場内最低賃金が

800円未満の事業場

40円以上

7/10

70万円

60円コース

事業場内最低賃金が

1,000円未満の事業場

60円以上

7/10

100万円

90円コース

事業場内最低賃金が

800円以上1000円未満の事業場

90円以上

7/10

150万円

120円コース

事業場内最低賃金が

800円以上1000円未満の事業場

120円以上

7/10

200万円

【助成率について】

1.別途定める生産性要件を満たした場合は3/4

2.常時使用する労働者が企業全体で30人以下の事業場は3/4。(※1に該当する場合は4/5)

 

 

生産性要件など、詳しくは厚生省ホームページの業務改善助成金(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

お問い合わせ・申請・相談窓口

最低賃金についてのお問い合わせ

静岡労働局労働基準部賃金室

054-254-6315

最低賃金ワンストップ無料相談・業務改善助成金のお問い合わせ

静岡県最低賃金総合相談支援センター

0080-200-5451

業務改善助成金についてのお問い合わせ

静岡労働局雇用環境・均等室

054-254-6320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?