• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 選挙 > 選挙の仕組み

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

選挙の仕組み

 選挙権と被選挙権

選挙権

選挙権は国民の最も重要な参政権であり、基本的な権利です。

その要件は、日本国民であること。年令満18歳以上であること。

さらに、地方公共団体の議会の議員及び長の選挙については、引き続き3ヵ月以上市町村の区域内に住所を有していることが必要です。

また、実際に選挙権を行使(投票)するためには、市区町村の選挙人名簿に登録されていなければなりません。

なお、禁固以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者等一定の欠格事項に該当する場合は、選挙権を有しません。

成年被後見人の方々の選挙権について

平成25年6月、成年被後見人の選挙権の回復等のための公職選挙法等の一部を改正する法律が成立、公布されました(平成25年6月30日施行)。これにより、成年被後見人の方々は、平成25年7月1日以後に公示・告示される選挙について、選挙権・被選挙権を有することとなりました。

詳細は総務省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

被選挙権

被選挙権とは、選挙により議員、長、その他の公職に就くことの資格です。その要件は、

  • 日本国民であること。
  • 衆議院議員・県議会議員・市長・市議会議員については、年令満25歳以上の人。
  • 参議院議員・県知事については、年令満30歳以上の人。
  • 県議会議員は県内に、市議会議員は市内に、その選挙権があること。つまり、3カ月以上の住所要件が必要です。

 選挙人名簿

選挙人名簿への登録資格の要件

  • 日本国民であること。
  • 年令満18歳以上であること。
  • 引き続き3カ月以上市町村の区域内に住所を有していること。

選挙人名簿の登録制度の改正

国政選挙の選挙権を有しているにも関わらず、選挙人名簿に登録されないために国政選挙の投票をすることができない者が投票をすることができるようにするため、選挙人名簿の登録制度を改めること等を内容とする公職選挙法の一部を改正する法律が平成28年2月3日に公布されました(平成28年6月19日施行)。

引っ越したら住民票を移しましょう

進学や就職などで引っ越しをされる方は、原則として引越先が住所地になります。

住民票は選挙人名簿の登録のみならず、各種行政サービスにつながる大切な情報ですので、忘れずに移しましょう。

市外へ転出した方で、住民票を移していない、又は住民票を移して3カ月経過していない場合は、新しい住所地で投票できません。

選挙人名簿への登録

毎年3月、6月、9月、12月の1日を基準日として登録資格のある人を登録する「定時登録」と、選挙の都度基準日と登録日を定め、その時点での登録資格のある人を登録する「選挙時登録」があり、原則的にこの2つの方法で選挙人名簿に登録されます。

一度選挙人名簿に登録されると、死亡や国籍の喪失、他市町村へ住所を移して4カ月を経過したときなど、法的手続きにより抹消される場合を除き、その効果を失うことはありません。

選挙人名簿登録者数(基準日2017年12月1日、登録日2017年12月1日)

56,524人

59,227人

115,751人

投票区別の選挙人名簿登録者数(PDF:64KB)

選挙権を有する者の総数の50分の1の数

2,316人

選挙権を有する者の総数の6分の1の数

19,292人

選挙権を有する者の総数の3分の1の数

38,584人

過去の定時登録における選挙人名簿登録者数

定時登録における選挙人名簿登録者数の推移(PDF:21KB)

 投票の仕方

投票所入場券、投票所

選挙が実施される際には、選挙の日時と投票所についてお知らせする「投票所入場券」を発行します。

入場券は、選挙人の確認や投票所での整理のためなどの理由で発行しているものです。そのため、それがなければ投票できないというものではありません。

万一入場券を紛失したときは、投票所で係員にお申し出ください。投票所では選挙人名簿と対照して本人と確認したうえ、投票していただきます。

投票日までに住所を変更された人は…

変更時期と選挙の種類によっては投票できなかったり、前の住所地で投票をしていただくこともあります。

通常の投票行為をすることが難しい人は…

次の投票方法があります。投票所の係員にお申し出ください。

代理投票

心身の故障その他の事由により、自分で候補者の名前が書けない人は、投票所の係員が秘密を厳守し、投票のお手伝いをします。

点字投票

目の不自由な人で点字ができる人は、点字投票ができます。

投票が無効になる場合

せっかく投票をされても、ルールをはずれると大切な一票が無効となりますので、ご注意ください。

  • 所定の用紙を使わなかった。
  • 候補者以外の氏名を書いた。
  • 2人以上の氏名を書いた。
  • 候補者の氏名のほか、それ以外のことを書いた(氏名の下に「へ」「さんへ」とつけたり、「必勝」「当選」などと書いても無効。ただし、職業・身分・住所・敬称の類は例外)。
  • 誰の氏名か確認できない。
  • 白紙投票、いたずら書き。

 期日前投票

選挙当日に仕事や旅行などの用事で投票に行けない人は、「期日前投票」をすることができます。

次のような場合には、期日前投票をご利用ください。

  • 投票日に仕事や冠婚葬祭などで投票所へ行けない人
  • 投票日に自分の投票区域外に外出や旅行、滞在している人
  • 病気やけが、出産などで投票所へ行けない人

期日前投票は、立候補の届け出が行われる公示(告示)日の翌日から投票日の前日までの毎日、市内の指定された施設で行うことができます。

期日前投票を行う際には、「投票所入場券」裏面の宣誓書に住所・氏名・生年月日・当日投票することができない見込みであることの事由などをご記入のうえ、下記の期日前投票所のいずれかにお越しください。

なお、印鑑は必要ありません。

期日前投票所

  1. 市役所会議室棟1階102号室(外部サイトへリンク)・午前8時30分~午後8時
  2. 大井川庁舎1階ロビー(外部サイトへリンク)・午前8時30分~午後8時
  3. イオン焼津店2階特設会場(外部サイトへリンク)午前10時~午後8時

いずれの会場でも、期日前投票をすることができます。

イオン焼津店については開始時間が異なりますので注意してください。

 不在者投票

仕事や旅行で長期留守をする場合や、指定された病院などに入院・入所している人は、滞在先の市区町村や病院などで「不在者投票」をすることができます。

投票用紙や書類の送付を郵送で行うため、相当の日数が必要となりますので、期間に十分な余裕を持って手続きをしてください。

ご不明な点は、選挙管理委員会へ問い合わせてください。

仕事などで市外に滞在している方

滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票することができます。投票の手順は次のとおりです。

1.事前に、郵送または持参により焼津市選挙管理委員会へ投票用紙・投票用紙の請求をしてください。

2.投票用紙などが入った封筒は、滞在中の住所地(郵送先として記載した住所)に郵送されます。

(注意1)封筒の中に入っている「不在者投票証明書」は開封しないでください。開封すると投票できません。

(注意2)あらかじめ投票用紙に候補者などを記入しないでください。記入してあると投票できません。

3.投票用紙の交付を受けたら、それを最寄りの市区町村選挙管理委員会へ持参し、そちらの指示に従って投票してください。不在者投票場所は、投票しようとする市区町村選挙管理委員会へ問い合わせて確認してください。

4.投票後、投票用紙は不在者投票を受け付けた選挙管理委員会から焼津市選挙管理委員会へ郵送され、投票日当日に投票箱へ投函されます。

病院などに入院・入所している方

病気や出産などで入院している人や老人ホームなどの入所者などで、都道府県選挙管理委員会の指定した病院や施設に入院・入所しているときは、病院や施設内で不在者投票ができます。

院長・施設長にお申し出ください。

病院・施設向け

下記の静岡県選挙管理委員会ホームページをご覧ください。

他市町村の選挙人の方で、焼津市に滞在されている方(焼津市の不在者投票場所)

選挙人名簿に登録されている市町村選挙管理委員会から投票用紙等の送付を受けた後、焼津市役所本館にお越しください。

選挙管理委員会事務局室は6階になりますが、職員は総務課が併任しているため、選挙期間以外では在室していないことがあります。お手数ですが、いったん総務課(本館4階・エレベータ前)へお越しください。

執務時間は、平常時(選挙がないとき)は平日の午前8時30分から午後5時15分です。

詳しくはお問い合わせください。

 郵便等による不在者投票

身体に障害がある人がご自宅で郵便による不在者投票ができる制度(郵便投票制度)があります。

対象となる人は、身体障害者手帳や戦傷病者手帳を持っている人で一定基準以上の障害のある人、または介護保険法上の「要介護者」で要介護状態区分が「要介護5」に該当する人などです。

この制度では、利用する前にあらかじめ申請し、焼津市選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。

郵便投票制度の詳しい手続き方法

 在外選挙

外国にいても、国政選挙に参加できる「在外選挙」があります。

在外選挙人名簿への登録が必要ですが、この資格を得る要件は、引き続き3カ月以上住所を管轄する外国の領事館の管轄区域内に住所を有していることとなります。

なお、投票できる選挙は、衆議院議員の小選挙区及び比例代表選挙と参議院議員の選挙区及び比例代表選挙となります。

在外選挙の詳しい手続き方法

 

焼津市選挙管理委員会のページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市選挙管理委員会事務局

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館6階)

電話番号:054-626-1134

ファクス番号:054-626-2185

Email:senkan@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?