• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 甚助さんの板子

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

甚助さんの板子

万延元(1860)年、旧れきの七月十日、焼津の漁船福寿丸は、四国沖に船頭の吉衛門のほか八人で船出していました。この中に甚助さんという十九歳の若者がいました。

十一日の夜、船が紀州沖にさしかかったころから風と雨が強くなり、やがて台風にかわり、船はついに荒れくるう波にうたれ、転ぷくしてしまいました。甚助さんは、この時、船板の一枚を海に投げこみ、自分も飛びこみました。

やっと一メートル先が見えるほどの暗い海でしたが、幸いなことに、投げこんだ板がみつかって、それにからだを乗せていました。船は、まもなく波にのまれてしずんでいってしまいました。

この船には、乙吉と勘吉、巳之助兄弟、松五郎も乗っていました。五人は、大波の間にういたりしずんだりしながら、たがいに名前を呼び合いながら泳いでいました。その中で、四十二歳になる勘吉は、何も持っていませんでした。甚助さんは、「にいさんには子どもがいる。おれは一人者だ。それにまだ若い。この板はにいさんにやるよ。」と、いうと、勘吉は、「この海じゃ、板はかえって危ない。板をはなれろ。」というのだけ聞こえ、あとは何かいいましたがわかりませんでした。その時、大きな山のような波がおし寄せ、勘吉の姿は見えなくなってしまいました。

四人は、少しはなれて泳いでいました。「甚よ、こっちへ来い、こっちへ来い。」と、呼ぶ声がきこえましたが、甚助さんは波のようすを見て、呼ばれた方へいくのは危ないと思い、ただ、波にしたがって流れていました。たがいにさけび合う声も遠くなってしまいました。そのうち、どのくらいたったのでしょうか、声も聞こえなくなり、ただ雨が波といっしょに頭にかかってくるばかりでした。

甚助さんは、その夜一晩中、小川のお地蔵さんと金比羅さんを、いっしょうけんめい心の中でとなえ、夜明けをむかえました。海の色はどすぐろく、小さな山のような波がいくつも重なり、霧のようになって遠くは見えませんでした。そのうちにおなかがすき、のどもかわいてきましたが、海の上ではどうにもなりません。その日は一日中、大波と風と雨にからだをまかせて、ういたりしずんだりしていました。そのうちからだが弱り、とうとう、意識がなくなって気が遠くなってしまいました。その時、こしのあたりに火でもついたような痛みがしました。カツオのエボシというクラゲにさされたのでした。甚助さんは、板から手をはなしていたので、もう少しのところで海にもぐるところでした。甚助さんは思わず、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と、となえました。

また、次の日の朝がきました。夜明け前には雨がやんで、星が雲の間から見えて、東の空が赤々と晴れてきました。うとうとしている時、海鳥に頭をつつかれ、目がさめました。前の方に山がかすかに見えて、陸地が近いことを知りました。そして、急におなかのすくのを感じましたが、がまんして何時間も陸の方へ向かって泳いでいきました。

ふと気がつくと、大きな帆船がこっちへ向かって来るではありませんか。この時をのがしたら、もう助からないと、甚助さんはいっしょうけんめい泳いで、船にあと三百メートルばかりのところまでたどりつき、大声でさけびました。すると、一人の男が甲板にあらわれました。そして、帆船から小舟をおろしてくれました。「ほかに仲間はいないのか、落とした物はないか。」と、聞かれましたが、甚助さんは、「板子一枚だけで、何もない。」と、答えたきり、気を失ってしまいました。その夜は、帆船の中のつり提灯の下で寝かされました。目がさめると、年とった船乗りが、「少し、食ってみよ。」と言ったので起きあがろうとしましたが、動けませんでした。その次の日には、だいぶ元気がでてきました。「お前は、二日二晩、海につかっていたのだ。二十五里(100キロメートル)流されたことになる。お前がつかんでいた板は、あとでほしがると思って拾っておいた。」と、船頭がいいました。また、はだかの甚助さんに船員のみんなが、着物、帯、ぞうりなどをくれました。そのうえ、お金を七両ばかりくれました。甚助さんは、たび重なる親切に何度も何度もお礼をいいました。

こうして甚助さんは、焼津に帰ってきました。甚助さんの命を救った板は、その後、小川のお地蔵さんに納められ、本堂の正面にかかげられています。そして、この物語を今に伝えています。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?