• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 鰯ヶ島の御殿屋敷

ここから本文です。

更新日:2013年2月16日

鰯ヶ島の御殿屋敷

鰯ケ島に、今でも近所の人々から御殿とよばれている場所があります。そこには昔、御殿屋敷があったと言われています。

その場所は、鰯ケ島から城之腰の札の辻の小路にかけての、海がわのあたりです。

このあたりは、他の場所より、1メートルから1.5メートルくらい高くなっています。屋敷の一部は、今では、海の中にしずんでいるそうですから、その広さは見当もつきませんが、かなりの広さだったのでしょう。

なぜ御殿屋敷とよばれるようになったのでしょうか。

江戸時代に作られた本で、駿河の国(今の静岡県)のことが書かれている「駿河記」や「駿河雑誌」の文の中に、「将軍が京都へ上るとき、田中城が将軍のお休み所になる。そのため、田中城の城主は、鰯ケ島のうら畑の、松の大木のある所に仮の館を作り、そこに移って浜の警護をした」と書いてあります。

この館のことを、人々は「御殿屋敷」とよぶようになったということです。また、札の辻の小路に、「二門小路」と今でも呼ばれているところがあり、館の二の門だったとも考えられますが、たしかなことはわかりません。
もう一つ、こんな言い伝えが残っています。

大坂夏の陣に敗れた大坂方の武士三人が、この地にやって来ました。三人は、ここに住みつき、海岸の松のある付近に畑を作り、農作物を作ったり、漁師の手つだいをしたりして生活していました。

ところが、三人のうち二人が、きびしい労働と心配ごとがかさなったためか、つづいてなくなりました。残った一人は、悲しみにくれていましたが、近所の人の世話で、近くの漁師のむすめと結婚しました。

二人は一生けんめい働いて、このあたりでは見たこともないような、京都風の家を建ててくらしました。この家があまりにもりっぱであったので、人々は、「御殿のようだ」、「御殿屋敷だ」というようになったということです。

この二人には、子どもがなかったため、二人がなくなると、あとが絶えてしまったそうです。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?