• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 井伊直孝産湯の井

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

井伊直孝産湯の井

中里の若宮八幡宮は、井伊家にゆかりの深い神社だといわれています。この神社の近くに、井伊直孝(いいなおたか)産湯の井といわれるものが残っています。この井戸にまつわるお話をしましょう。

直孝の父の直政は、徳川家につかえる十二万石の大名でした。あるときのこと、直政は東海道を通り、岡部宿へ泊まることになりました。そこで、お殿さまをおもてなしする娘をさがしたところ、中里小町といわれる美しい娘がみつかり、お殿さまもたいへん満足で、気にいられたようでした。

その後、その娘は男の子を生みました。この子が後の井伊直孝でした。

直孝は幼いころの名前を弁之助といい、利口な子どもでした。母は弁之助が六歳のとき、いっしょに上野国(今の群馬県)箕輪城にいる直政をたずねました。そして直政が城の外に出るのを待って、弁之助の成長ぶりを知らせたのです。そして、母子は武蔵国(今の東京都、埼玉県、神奈川県の一部)私市の庄屋さんの家に世話になることになりました。


弁之助が十一歳になった年の暮れ、庄屋さんの家に盗人がおし入りました。そのとき、弁之助が知恵をはたらかせ、みごとに盗人をやっつけて、大手がらをたてました。父の直政がこの話を聞き、たいへん喜んで、さっそく母子を城にむかえました。

成人した弁之助は直孝と名を改め、慶長十(1605)年、十六歳のとき将軍家につかえ、慶長十八年に伏見の城を守るほどになりました。その後、兄の直勝が病弱であったので、兄に代わって、父のあとを継ぐことになりました。

寛永六(1629)年、彦根城の殿さまであった直孝は、自分の生まれた所が中里であることを知って、村の社に八幡宮をおまつりしたのです。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?