• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 石津の水天宮

ここから本文です。

更新日:2013年2月16日

石津の水天宮

四月五日は、石津の水天宮さんのおまつりです。この水天宮さんは、文久二(1862)年に、九州の久留米にまつられていた神様を分けてもらったもので、船に乗る人たちの守り神として、信仰されています。
さて、水天宮さん(まつってある神は、言仁尊〈ことひとのみこと・安徳天皇〉)をここにまつったのは、こんなことからです。

安政三(1856)年の春、江戸の材木商人の野口庄三郎と手代の伊藤吉弥が、御用材(幕府が使う材木)を集めるためにこの地へきました。
信州(今の長野県)から、大井川をくだり、木屋川を利用して木材を流し、石津荊島(ばらじま)の貯木場(木材をためておくところ)に集めて、石津港から江戸へ送っていました。

ところが、その年の八月二十五日、大あらしがやってきて、この貯木場はこわされ、山のように積んであった材木は、全部海に流されてしまいました。

野口、伊藤の二人の商人や、村の人たちはあわてました。そして、遠い地にまつられている水天宮においのりをしました。するとふしぎなことに、風向きが一夜のうちに変わって、流された材木が全部近くの岸に打ち上げられました。

この神様のお助けに喜び、商人や村の人たちは相談して、新しくつくる貯木場のところへ水天宮をまつることにしました。
そして、文久二年、江戸の野口庄三郎の手代の田中籐右衛門という人が、久留米藩主の有馬氏の屋敷から、水難除けの神様を分けてもらい、ここにまつりました。

それ以後は、水難除けや安産の神として信仰を集めています。なかでも漁師たちの信仰があつく。漁が少ないときは、お札を竹のつつに入れて海へしずめたり、海に物を落としたときは、お札の流れた方向をさがすと見つかるといわれるなど、豊漁や海の安全を守っています。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?