• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 保福島の大井さんと疫病本多

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

保福島の大井さんと疫病本多

今からおよそ五百年ほど前、今川氏が駿河国に勢力を誇っていたころ、藤枝の田中に城が築かれ、城内に氏神さまがまつられていました。しかし、この城が武田氏の手にわたると、この氏神さまは保福島というところへ移されました。それからは、土地の人たちによってまつられてきました。これが、保福島の大井神社です。

江戸時代になると、田中城の殿様も、大井神社はもとお城の中にあった氏神さまだったということで、おまいりするようになりました。

ある年、殿様の本多正矩(ほんだまさのり)が江戸詰めのとき、殿様をはじめ、家来の人たちや、江戸の町の人々が疫病(伝染病のような流行病)にかかり、大さわぎになりました。、このとき田中にいた家老は、さっそく大井神社におまいりし、そこでいただいたしめなわを江戸に送って、悪い病気をおいはらったそうです。このため、疫病本多さんと言われて、江戸でも有名になったそうです。

さて、毎日のように遠州から藤枝の宿に通う馬子がいました。この馬子は信仰があつく、大井神社の前を通るたびに必ずおまいりして、しめなわをもらいました。そのため、この地方に悪い病気がはやり、みんなが病気にかかったときも、この馬子の家族はふしぎに病気にならなかったそうです。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?