• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 元禄の津波と鳴子松

ここから本文です。

更新日:2013年2月16日

元禄の津波と鳴子松

今から300年ほど前、元禄12(1699)年の夏のことです。このあたりでは、何日も雨がふりつづき、すこしもやむようすがありませんでした。8月15日の午後6時ごろ、急に雨が強くなり、とつぜんドドドドーッと、雷が落ちたような大きな音と、地ひびきがして、山のような大波がおし寄せてきました。津波です。津波はさいしょは会下之島(今の小川港あたり)を、つづいて田尻村、石津村をおそいました。

人々は、とつぜんの大津波におどろきました。石津村の人たちは、西の与惣次の方に向かって逃げました。若者はおじいさんやおばあさんの手を引き、母親は子どもを背おい、何ひとつ持ち出すこともできず、命からがら逃げました。

もう少しで与惣次というところまできたときです。そこに一本の大きな松がはえていました。村人たちはすぐ後にせまった波から、なんとか逃れようと、あらそってこの松の木に登りました。たくさんの人が、それぞれ思い思いのかっこうで、枝をしっかりにぎってぶらさがり、波をよけました。
そのかっこうは、ちょうど鳴子(鳥おどしに使われる仕かけで、枝に小さな竹筒をつけて、ひもで引いて鳴らす)のようであったといわれます。それから、この松は鳴子松とよばれるようになりました。

今では、この松も三代目になり、旧国道150号のわきに植えられ、りっぱな記念碑も建てられています。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?