• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 民俗・工芸 > 昔話 > 小川のお地蔵さん

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

小川のお地蔵さん

今から480年ほど前、室町時代のお話です。小川に安養寺というお寺がありました。今では海蔵寺とよばれ、毎年7月23、24日の縁日には、お寺の門をくぐると、たんきりあめ、花もち、かき氷などを売る露天が境内いっぱいにならび、たいへんにぎわっています。

さて、安養寺が海蔵寺、お地蔵さんとよばれるようになったのには、こんなお話があるからです。

明応9(1500)年の夏のことです。城之腰村の沖の海で毎晩なにか光るものがあり、村の人たちは、いったいなんだろうかと、ふしぎがっていました。

そんなことがつづいたある日、吉平さんという漁師が鰯をとるために網をしかけて、さて引きあげようかとしたところ、何かずっしりと重たいものが網にかかっていました。見ると1メートルほどもある木のお地蔵さんでした。

吉平さんはびっくりして、急いで引きあげ、思わず手を合わせておがみました。そして、小さな仮のお堂を建ててまつりました。

それからしばらくしてからのこと、村人の一人が夢をみました。夢の中にお地蔵さんがあらわれて、「この浦の西にある安養寺は、わたしと縁のあるお寺である。わたしをそこに移したなら、きっとおまえたちを守ってやろう。願いごともかなえてやろう」と言いました。

村の人たちはこれを聞き、「ありがたいことだ。ぜひ安養寺におまつりしよう」といって、そのお地蔵さんをお寺に運びました。

海からあがったお地蔵さん…。こんなふしぎな縁があったので、それから海蔵寺とよばれるようになりました。

ところで、この地方は、大雨のたびに大井川がはんらんし、田畑はたいへんなひ害をうけました。そこでお地蔵さんに、なんとか大井川のはんらんを止めてほしいとお願いしました。川があふれそうになると、村人たちがみんな堤防の上に集まって、おいのりしました。

こういうことがあったので、このお地蔵さんは川除地蔵尊ともよばれているそうです。

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?