• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 若宮八幡宮の棟札

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

若宮八幡宮の棟札

書跡/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和53年9月1日

所在地

焼津市中里

所有者(管理者)

若宮八幡宮(歴史民俗資料館)

解説

 

長さ152.2cm、厚さ3.6cm、重さ5kg

 

黒色漆塗り、文字は彫込み白色塗りで、用材は桧である。筆者は、江戸初期の僧の松花堂昭乗(1584~1639)で、近衛信尹、本阿弥光悦とともに寛永の三筆として知られる。昭乗は、林羅山らと交遊があり、水墨画にも独自の境地をきわめ大和絵を描いた。若宮八幡宮は、当時、天下第一といわれた大名、井伊直孝によって建立された由緒ある社であり、その証となるものが、この棟札である。

若宮八幡宮の棟札

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?