• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 香集寺の絵馬

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

香集寺の絵馬

絵画/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和47年5月17日

所在地

焼津市浜当目

所有者(管理者)

弘徳院(歴史民俗資料館)

解説

幅164cm、高さ93cm

田中城主第6代西尾丹後守忠照(2万5千石)の弟西尾主水忠知が、寛文7年(1667)5月13日に奉献したものである。文の筆者は塙宗悦法印、絵師は狩野元俊である。左前足をあげた馬の絵が額いっぱいに描かれ、「奉掛絵馬一疋、虚空蔵菩薩宝前、寛文七丁未年五月十三日」と書かれている。焼津市内最古の絵馬である。忠知は、承応3年(1654)10月、兄忠照が田中城で亡くなると、12月益津郡内において5千石を分け与えられ、延宝3年(1675)6月57歳で没した。

香集寺の絵馬

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?