• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 弘徳院の絵馬

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

弘徳院の絵馬

絵画/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和47年5月17日

所在地

焼津市浜当目

所有者(管理者)

弘徳院(歴史民俗資料館)

解説

幅121cm、高さ76cm

 

田中城主第16代本多紀伊守正珍が元文2年(1737)12月に奉献したものである。筆者は梅軒であるが、その伝えは不明である。額板に金箔を押し、後足を蹴上げた勢いのいい馬が描かれており、奉献当時は、ずいぶんと絢爛たるものであったであろう。これを奉献した正珍は正矩の後を継ぎ、享保20年(1735)10月、田中城主となり、その後寺社奉行を経て延亨3年(1746)から同8年まで老中をつとめ、天明6年(1786)8月、77歳で没した。

弘徳院の絵馬

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?