• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 成道寺の宝篋印搭

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

成道寺の宝篋印搭

建造物/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和61年9月30日

所在地

焼津市一色

所有者

成道寺

解説

高さ約4m(基壇を含む)

 

成道寺の宝篋印塔は、天明7年1月(1787)に建てられたものである。構造は、下に三段の壇をつくり、壇上に下から反花座・基礎・塔身・笠の順に積み、その上に相輪を立てている。しかし、宝篋印塔の特徴である笠の四隅にある隅飾の突起は、この塔にはつけられていない。塔身は、平面四角で、2段に分かれていて、上段には東・南・西・北の順に「寶」「筺」「印」「塔」と大きく刻印されている。また下段にはこの塔の由来が書かれている。この宝篋印塔は、信州高遠の石工によって作られたものである。

成道寺の宝篋印搭

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?