• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 那閉神社の常夜灯

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

那閉神社の常夜灯

建造物/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和61年9月30日

所在地

焼津市浜当目

所有者

那閉神社

解説

高さ3.5m(基壇含む)

 

燈籠では、焼津に現存する中で、最も規模の大きなものである。構造は、下に三段の四角の壇を置き、その上に獣足をまねた四本足の竿、中台、火袋の順に積み、その上に笠と宝珠を乗せており、宝珠には請花をともなっている。下から三段目の壇に「文政五年十一月」(1822)の銘が記されている。この燈籠は信州高遠の石工により製作されたもので、もと浜当目村の郷倉の前にあったが、大正年間にここに移されたと伝えられている。

那閉神社の常夜灯

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?