• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 永豊寺の山門

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

永豊寺の山門

建造物/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和60年2月21日

所在地

焼津市西小川

所有者

永豊寺

解説

間口3.50m奥行3.55m、梁下3.60m

 

木造平屋建、切妻造平入、茅葺、総欅造りの薬医門。明和6年(1769)11月、三ケ名の中島重右エ門が寄進したものであり、大工棟梁は藤枝宿木町の仁左衛門、仕手棟梁は築地の甚七と記されている。全体的に明和新建当時の姿をよく残すものと考えられ、絵様・彫刻は、その時代を表している。後補も細心であり、類似建造物の参考ともなる。特に屋根は近世から近代にかけ、瓦葺、銅板葺に改変されたものの多い中にあって、創建のまま茅葺であることは貴重である。

永豊寺の山門

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?