• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 香集寺の仁王門

ここから本文です。

更新日:2017年7月13日

香集寺の仁王門

建造物/有形文化財

 

指定の種類

市指定文化財

指定年月日

昭和42年12月4日

所在地

焼津市浜当目

所有者(管理者)

香集寺(弘徳院)

解説

間口7.89m奥行き3.95m梁高4.48m棟高7m

 

木造寄棟造りの瓦葺の八脚門。左右の後部に仁王尊(金剛力士像)がまつられており、棟瓦に田中城主本多家の立葵の紋が残っているところから、田中城主の修復がうかがわれる。香集寺は、弘仁6年(815)の創建といわれ、本尊は虚空蔵菩薩である。また、仁王尊は、宝永3年(1706)田中城主第12代内藤紀伊守弌信が再興したものである。なお、毎年2月23日の縁日は、だるま市で大変なにぎわいを見せる。

 

香集寺(虚空蔵山山頂)への参道は、仁王門を含めて通行できません。(平成29年7月現在)

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?