• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化財 > 有形文化財 > 法華寺の「木造聖観音立像」

ここから本文です。

更新日:2013年2月8日

法華寺の「木造聖観音立像」

彫刻/有形文化財

 

指定の種類

県指定文化財

指定年月日

昭和33年4月15日

所在地

焼津市花沢所有者法華寺

解説

像高168.8cm、肘張、46.3cm、裾張、51.5cm、裾奥行21.5cm

 

寄木造りで直立の等身大立像。もとは彩色されたものらしく、漆箔がところどころに残っている。天衣が裳の前で二段に平行に並び、それがさらに左右の手に懸り、裾脇でひるがえっているが、後補のようである。天冠、瓔珞など装飾の金具も多いが、後世のものである。ひだの彫りも、その線の流れも極めて優美であり、藤原期の地方作の像と思われる。寺の伝えでは、奥院の東照寺の本尊であるといわれ、法華寺の本尊ではない。

法華寺の木造聖観音立像

 

有形文化財一覧へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会生涯学習部文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?