• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 文化施設 > 焼津市歴史民俗資料館 > 花沢城跡発掘調査について

ここから本文です。

更新日:2018年10月18日

花沢城跡発掘調査について

花沢城は、武田信玄と今川方との激戦の地として知られる山城です。初の発掘調査を実施します。

発掘の様子は、このホームページで発信していきます。

発掘の概要

  • 発掘期間成30年9月19日から10月23日(予定)
  • 調査場所沢城の本丸等があった山頂部分で行います。

お知らせ

花沢城跡において現場説明会を開催します。

申し込みは不要です。

花沢城跡入口から現場までは山道になります。

悪天候の場合は中止です。

日時

  • 1日目10月6日(土曜日)*終了しました。
  • 2日目10月20日(土曜日)午後2時~3時半(1回目は2時~2時40分、2回目は2時50分~3時半)

見学について

直接会場までお越しください。

なお、会場に駐車場はありません。「花沢の里観光駐車場」をご利用ください。花沢城跡入口まで700m程度は徒歩での移動となります。(職員がご案内します。)

山頂の説明会現場までは山道で滑りやすくなっています。また、マダニ等の害虫も確認されています。ご承知おきの上、ご参加ください。

れきみんの発掘日記

10月18日(木曜日)

あっ、赤ちゃんヘビだ!と思ったら、大きなミミズさんでした(^-^;ども、れきみんです。発掘現場には色々な虫たちが出現します。蚊もマダニも寄ってきてくれます…皆さま、ご見学の際には長袖長ズボン、虫よけスプレーなどで防備してきてくださいね。

花沢城跡発掘状況1018現在、堀切の西方向へトレンチを延長して、「諸国古城之図」にある「土橋」が存在するか、確認をしているところです。この地点は近年まで茶畑になっていたところで、後世の造成も受けています。中世面が以外と深い箇所にあると推測されます。堀切西側にはたくさんの石が出てきて一瞬、土橋の石積みか!?とガリ(両刃鎌)を持つ手に力が入りましたが、肥料袋などが混じっており、畑から捨てられたただの石でした(;´・ω・)しかし、土のうは増えていきます…

で、言い訳ですm(__)m皆さまには申し訳ないのですが、土橋については20日の現場説明会までに明確な答えが出せそうもありません。二の曲輪の斜面からもトレンチをいれて確認する必要がありそうです。大事な遺跡なので、慎重に調査を進めたいと考えています。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

明日は雨っぽいけれど、20日の現場説明会もあるので現場を動かしたいと思っています。20日にご来訪いただける皆さまには、先ほどお伝えしたように虫対策をはじめ、おそらく雨の後で大変すべりやすくなっていますので、山歩きできる格好でお越しください。特に滑りやすいのが、土のうで作った階段と階段の丸太です。降る時は丸太に足をかけないようご注意ください。

午後2時からと午後2時50分から説明をさせていただきますが、6日とあまり変わらないかもしれない(T_T)スミマセン

最後にお知らせでーす。焼津市歴史民俗資料館のFacebook開設しました!今後、Facebookでは資料館の様々な情報を発信していきますので、ぜひご覧ください。

10月12日(金曜日)

発掘の様子10月12日昼は土のうを運び、夜はジョッキを口に運びを繰り返していたら、上腕骨外側上顆炎(いわゆるテニス肘)になってしまった…あ、どうも、れきみんです。花沢城の調査では、掘った土を捨てることができず、すべて土のうに詰めています。斜面にでも捨てて新しい腰曲輪を作っちゃったら怒られますからね(^-^;

テニス肘で土のうも運べなくなってしまい、作業員さんたちには申し訳ない思いでいっぱいですm(__)m大体、1日で250袋くらいずつ増えていくんですよ(-_-;)ブツブツ

今週は資料館事業の関係もあり、10日、12日の2日間だけの発掘調査でした。10日から、堀切部のトレンチをT字に広げて調査をしています。「土橋」の存在はまだ判明しませんが、20日の現説までにある程度でもご報告できたらと考えています。

古墳奥壁?さて、私は下の駐車スペースから本丸までの山道を1日に2~3往復していますが、10日に遊歩道の途中でふと顔を上げると…あれ、古墳の奥壁!?という岩を発見。今までどこに目をつけていたのでしょうか(-_-;)

実は花沢城跡の山頂付近からは、古墳に伴うと考えられる須恵器片が採集されています。私も1点見つけました(^^)b高草山には7世紀から8世紀初頭にかけて作られた横穴式石室を持つ群集墳がたくさん見つかっており、ほとんどが山の南斜面に造られています。花沢城の南斜面もこの条件を満たしており、土器片の存在からも古墳が存在したのは間違いないでしょう。古墳は花沢城の造成や自然崩落などで消滅したと推定されます。奥壁だけを残して崩れてしまう場合も珍しくなく、当時の自然地形を考える上でも示唆を与えてくれます。

江戸時代終わりに編纂された『駿河志料』には、二の丸の防戦の様子として「大石大木を投掛、或は熱湯熱砂を掛て嚴しく拒ぎ闘ふ云々」とあり、もしかしたらこの時に石室の石も使われたのかなぁ…と勝手に想いを馳せております。。。

作業員さんの中には、古墳の調査がしたーい、っておっしゃる方もおりますが、まずは山城としての調査をがんばっていきましょう!でもいずれ、奥壁(っぽい岩)もちょっと確認できたらと考えています。

焼津市で発見された古墳群については、今も兎沢古墳群や笛吹段古墳群で石室の見学が可能です。資料館の常設展示室にも古墳出土の刀や勾玉、土器などを紹介していますので、ぜひご見学にいらしてください。

各遺跡の場所は静岡県GIS(外部サイトへリンク)をご参照ください。

そうそう、奥壁(っぽい岩)の場所ですが、、、遊歩道沿いですので、ご見学の折には探してみてください。ヒントは、「モノラックレールの交差する近く」でーす(^^)/

ではまた!

10月6日(土曜日)晴天のち雨

こんにちは!れきみんです。今日は花沢城跡発掘調査の第1回現地説明会の日。前回、日記を書いた4日は何とか夕方まで天気が持ってくれて、また5日も一日中発掘調査や現説準備を進めることができましたが、6日の天気予報は雨マーク…まぁ準備ができずに本番に晴れられても困りますし、どーせ雨男ですから!とヤケ気味に床へついたところ…

予想に反して暑いほどの晴天!少しは風も吹いてくれっ、と贅沢を言いつつ、午前中は準備のため山を5往復し、本番前に体力を消耗したれきみんでした(´Д`)なお、現説の帰り支度が終わったころからポツポツと雨が…誰の日頃の行いが良かったのでしょうか(^^ゞ

午後から実施した説明会には報道関係の皆様、お城ファンの皆様、そして地元の皆様など40名弱の皆様にご参集いただきました。暑いなか大変な山道を登ってご参加くださり、誠にありがとうございました!そして、つたない説明に優しく接していただき、心から感謝申し上げますm(__)m

発掘調査の成果としては堀切のトレンチ1本をお見せしただけで申し訳ありませんでしたが、倒木・雑木の除伐により、山頂付近の曲輪から六の曲輪付近にかけての当時の縄張(お城の設計)を少しでも感じていただけたようでしたらうれしく思います。

来週からは、堀切部のトレンチをT字に拡張し、「諸国古城之図」に描かれた「土橋」が存在するか、また二の曲輪南下段の平地が本来はどのような形状だったかを中心に発掘する予定です。次の現地説明会(20日実施予定)まで実質6日程度しか調査できないため、雨でも降られたら同じ説明をするしかなくなってしまいます。。。とは言え、あまり焦って遺構を壊してしまうことだけは避けますので、引き続き温かい目で見守っていただければ幸甚に存じます(やけに丁寧)。

発掘調査の状況はこの日記でお知らせします。現在、Facebookの準備もしていますので、開設したらそちらもお知らせさせていただきます。

現地説明会の様子暑かったり涼しかったり、天候が一定しませんが、皆様もお体にご留意されてお過ごしください。20日は同じ説明になってしまうかもしれませんが(またもや言い訳)、体力づくりも兼ねて多くの皆様にご参加いただければありがたいです。ではまた!

10月4日(木曜日)曇時々雨

れきみんこんにちは!れきみんです。花沢城跡の発掘調査、順調に進行中!と言いたいところですが、、、雨にたたられ、9月は4日間しか作業できず(´;ω;`)しかも、初めの3日間はほぼ準備工…

雨男は誰だっ(自分か…)

今日(10月4日)も雨模様ですができる限り調査を続けます。

発掘状況1現在、本丸(一の曲輪)とその東側の二の曲輪の間にある堀切にトレンチを入れ、部分的に発掘しています。堀切は幅約17.5m、深さ約6.2m(最深)と、今川氏のお城には珍しい大きな遺構です。6日までにトレンチの調査は終了しないかもしれませんが(言い訳)、遺構を確認しやすいように倒木、雑木を整理したので、以前に見学された方もぜひご見学にいらしてください。そのほか、本丸西側の三の曲輪も倒木等を整理し、二の曲輪やそのほかの曲輪も見やすいように努めています。

今回は花沢城跡初めての発掘調査であり、どのような縄張りだったのか慎重に調査を進めていく予定です。詳細は現地説明会でお伝えさせていただきます。

現説の6日(土曜日)は天気が良さそうですが、今日明日降られると準備(調査)ができない…今日はせめて午前だけでも掘りたい!


イベント情報館内のご案内交通案内刊行物のご案内文化財等歴史文化案内資料館だより施設の概要・歩み

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会事務局文化財課歴史民俗資料館

住所:郵便番号425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550(焼津市文化センター内)

電話番号:054-629-6847

ファクス番号:054-629-6848

Email:rekimin@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?