• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 広報 > まちかどフォトニュース > 2018年のまちかどフォトニュース > 2018年11月2日「子どもの防災教材誕生/絵本・紙芝居で伝える防災」展

ここから本文です。

更新日:2018年11月2日

2018年11月2日「子どもの防災教材誕生/絵本・紙芝居で伝える防災」展

2018年10月2日(金曜日)、静岡福祉大学駅前サテライトキャンパスで、「子どもの防災教材誕生/絵本・紙芝居で伝える防災」展がオープンしました。

これは、駅前の賑わいの創出と、介護や障害についての理解を深めてもらうことを目的に焼津市と包括連携協定を提携している静岡福祉大学の主催で開催されている「出前図書館事業」の一つです。出前図書館では、静岡福祉大学が所蔵する貴重な書籍などを閲覧することができ、今年度、テーマを変えて全7回実施する予定で、今回が5回目の事業です。

11月5日は、「津波防災の日」です。「津波防災の日」は、1854年11月5日に発生した安政東海地震の大津波の時、濱口梧陵が命をかけて村民の命を救った「稲むらの火」の物語にちなんでいます。

会場では、子どもの初の防災教材誕生の経緯とともに、明治三陸地震津波発生時に、幻燈会に参加した多くの人々の命を救った「奇跡の幻燈会」の実話を元にした絵本「幻燈会の夜」や防災についての絵本や紙芝居もご紹介します。

初日の2日には、新屋幼稚園の年長児18人が防災学習の一環として訪れ、さまざまな防災学習に役立つ絵本を興味深く読んでいました。

出前図書館「子どもの防災教材誕生/絵本・紙芝居で伝える防災」展について

日程:2018年11月2日(金曜日)~2018年11月15日(木曜日)の平日
時間:午後1時~午後5時
会場:静岡福祉大学駅前サテライトキャンパス

出前図書館の様子

絵本を読む児童

 

出前図書館の様子3

説明を聞きながら展示物を見る児童

 

出前図書館の様子2

説明を聞きながら展示物を見る児童


 

お問い合わせ

所属課室:焼津市総合政策部広報広聴課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館5階)

電話番号:054-626-2145

ファクス番号:054-626-2186

Email:koho@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?