• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 教育・文化 > 学校給食 > 学校給食の歴史

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

学校給食の歴史

内容
明治22年 山形県鶴岡町(現鶴岡市)で学校給食が始まる。
昭和7年 学校給食に国庫補助開始
昭和23年
学校給食は、教育の一環として位置づけられる。
昭和23年 和田小でミルク・副食の給食開始
昭和24年
小川小で副食の給食開始
昭和27年 和田小の給食中止
昭和28年 小川小の給食中止
昭和29年 学校給食法施行(学校給食を教育活動として位置づけされる)
昭和30年 日本学校給食会法施行
昭和32年
和田小でミルク給食開始
昭和33年 小川小・大村中でミルク給食開始
昭和34年 焼津東小・焼津南小・東益津小・大富小・豊田中でミルク給食開始
昭和36年 大井川南小で完全給食開始
昭和38年 大井川東小・大井川西小で完全給食開始
昭和38年 焼津西小・焼津南小・小川小で完全給食開始
昭和39年 豊田小・東益津中でミルク給食開始
昭和39年 大井川中で完全給食開始
昭和40年 焼津東小・東益津小・豊田小・大富小・和田小・東益津中・豊田中・大富中・和田中で完全給食開始
昭和40年

焼津中で混合乳給食開始

昭和40年 豊田・東益津・大富・和田小中学校で共同調理を開始
昭和45年 国より米飯給食実験開始
昭和45年 焼津中・大村中・小川中・港小で完全給食開始
昭和45年 焼津共同調理場設置(焼津中)
昭和47年 南部共同調理場設置(港小)
昭和48年 西部共同調理場設置(大富中)
昭和51年 米飯給食開始
昭和58年

焼津・大井川学校給食組合設立認可

焼津市5調理場(東益津・焼津西・焼津共同・南部共同・西部共同)
大井川町4調理場(大井川東・大井川西・大井川南・大井川中)を1調理場のセンター方式に

昭和59年

焼津・大井川学校給食組合立学校給食センター稼動

給食費小学生月額3,100円中学生月額3,600円

昭和61年 給食費小学生月額3,200円中学生月額3,700円に改正
平成元年 給食費小学生月額3,300円中学生月額3,800円に改正
平成9年 給食費小学生月額3,800円中学校月額4,300円に改正
平成19年 牛乳パックのリサイクルを全校で開始
平成20年

焼津市と大井川町の合併により組合解散、焼津市学校給食センターと改称

平成21年

改正された学校給食法施行

平成26年

給食費小学生月額4,200円中学生月額4,900円に改正

お問い合わせ

所属課室:焼津市教育委員会教育部学校給食課

住所:郵便番号425-0066 静岡県焼津市大島1746

電話番号:054-624-6660

ファクス番号:054-624-7680

Email:gakko_kyushoku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?