• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > ごみ減量対策

ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

ごみ減量対策

ごみ減量についてさまざまな方法を紹介します。
ぜひ参考にしていただいて、ごみ減量につなげてください。

生ごみ処理機器を利用してごみ減量

生ごみの70パーセントは水分でできており、燃やすごみの中においても、生ごみがかなりの重量を占めています。
そんな生ごみに対しての対策が最も効果的なごみ減量対策と言われています。
そこで、生ごみ処理機器を利用したごみ減量対策を紹介します。

生ごみ処理機器の種類

たい肥になるものから、完全分解の処理機器などがありますので、用途に合わせて利用してください。

分ければ資源、混ぜればごみ

焼津市の燃やすごみの中には、再資源化可能な紙類や容器包装プラスチックが多く含まれていました。
分別をきちんと行うことで、ごみ減量と貴重な資源の再利用が可能になります。
現在、再資源化可能な資源を燃やしてしまっている状況です。
分別をきちんとしてごみ減量につなげましょう。

分別の種類に応じたごみ箱を用意しよう

分別しやすくするためには、分別の種類に応じてごみ箱を用意するのが一番です。

  1. 生ごみ専用ごみ箱
  2. 容器包装プラスチック専用ごみ箱
  3. 新聞雑誌専用ごみ箱
  4. 雑がみ専用ごみ箱
  5. その他燃えるごみ専用ごみ箱

これらを家庭に用意し、ごみを捨てるときに分別してください。

再資源化可能な紙類とは

再資源化可能な紙類の多くは「雑がみ」といわれるもの、お菓子の箱やティッシュの箱などです。
ついつい燃やすごみに捨ててしまいがちですが、これも資源です。

雑がみの回収方法

家庭のごみ箱の横に紙袋を用意して、今までは燃やすごみに捨てていた雑がみを紙袋に入れてください。
新聞紙や雑誌のように中身を揃える必要はありません。

雑がみの収集場所

雑がみは資源・不燃物の収集日に回収してます。
紙袋に入れた雑がみを出してください。中身が出ないように紙袋を紙ひもで縛って出してください。
また、市内のミニステーションでも回収しています。

お問い合わせ

所属課室:焼津市環境部廃棄物対策課  廃棄物政策担当

住所:郵便番号421-0205 静岡県焼津市宗高900(市役所大井川庁舎1階)

電話番号:054-662-0572

ファクス番号:054-662-0834

Email:haikibutu@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?