• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 広聴 > お問い合わせ、ご意見・ご提言 > ご意見の紹介 > 市に寄せられたご意見(防災編)

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

市に寄せられたご意見(防災編)

市内にある電柱に表示されている海抜表示板の高さとインターネットで検索できる地図の高さが異なっているのはなぜですか?

インターネット検索サイトなどの地図による高さの根拠は分かりませんが、市では、高さを実測し、施設や電柱などに海抜表示板を設置しています。

海抜表示板の設置

焼津市では、2011年度に、お住まいの地域が海面(平均潮位)からどのくらいの高さにあるかを確認できるよう、自主防災会が希望する1,000カ所に海抜表示板を設置しました。

南海トラフ巨大地震で公表されている浸水域などが分かるデータを、市のホームページに掲載してもらえませんか。

南海トラフの巨大地震による浸水深や浸水域などのデータは国の内閣府によるものですが、静岡県では、県のホームページに浸水域などのGIS(地理情報システム)データを掲載しています。

地震津波などの災害情報はどのように入手できますか?

災害情報を迅速に、そして一斉にお伝えするために市内全域に同報無線設備を整備しています。また、携帯電話などへEメールで災害情報を配信する「やいづ防災メール」のサービスを行っています。

このほかテレビ・ラジオなどからも情報を入手することができます。

緊急地震速報や津波警報など「J-ALERT(全国瞬時警報システム)」により国が発信する緊急情報は、同報無線設備が自動起動して放送されます。

津波に関する注意報や警報が発表された場合に同報無線はどのように放送されますか?

津波に関する警報が発表された場合、緊急時であることを強調するため次のようにサイレンを鳴らしてから放送します。

  • 津波注意報…「サイレン10秒吹鳴・2秒休止」を3回繰り返した後、「津波注意報が発表されました。海岸付近の方は注意してください」
  • 津波警報…「サイレン5秒吹鳴・6秒休止」を2回繰り返した後、「津波警報が発表されました。海岸付近の方は高台に避難してください」
  • 大津波警報…「サイレン3秒吹鳴・2秒休止」を3回繰り返した後、「大津波警報が発表されました。海岸付近の方は高台に避難してください」

サイレンを聞いたら、揺れていなくてもすぐに避難してください。

同報無線を聞き逃した場合はどうすれば良いですか?

同報無線の放送内容を聞き逃した、あるいは聞き取りづらいといった場合には、直近で放送された2回分の内容を電話で聞くことができる「同報無線音声応答サービス」をご利用ください。

「同報無線音声応答サービス」…電話番号:054-656-2727
通話料が発生します。

家具などの転倒防止器具取付サービスは、申請後どれくらいの期間がかかりますか?

市は申請書の受理後、この事業の委託先である焼津市建築大工業組合へ申請書を送付します。そして大工業組合の担当者は、申請者へ連絡し、ご希望の作業日時を調整してから器具取付を実施します。

なお、申請書を受理してから、概ね1カ月後、市から申請者へ電話し、大工業組合の担当者の対応等について、確認させていただきます。

また、市では家庭での地震対策として、感震ブレーカーなどの設置補助も行っていますのでぜひ、ご利用ください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市総合政策部広報広聴課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館5階)

電話番号:054-626-2145

ファクス番号:054-626-2186

Email:koho@city.yaizu.lg.jp

所属課室:焼津市危機管理部危機対策課

住所:郵便番号425-0041 静岡県焼津市石津728-2(消防防災センター2階)

電話番号:054-623-2554

ファクス番号:054-625-0132

Email:kikitaisaku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?