• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 交流 > 焼津市ホストタウン推進協議会 > 令和2年度モンゴル国交流事業

ここから本文です。

更新日:2020年10月1日

令和2年度モンゴル国交流事業

市民の皆さんにモンゴル国の文化を体験し、より理解を深めてもらうための交流事業を実施します。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、日本の選手とともにモンゴル国の選手も応援しましょう。

 モンゴル料理講座「アムタタェモンゴル」第2弾WEBで配信中

「アムタタェ」とは、モンゴル語で「おいしい」という意味です。第2弾は初代地域おこし協力隊の三浦愛さんと一緒に、モンゴル国の家庭料理に挑戦します。

第2弾「ボールツォグ(モンゴル揚げ菓子)とスーテーツァイ(塩ミルクティー)」

 

ボールツォグは外がさっくり中はしっとりしていて、ほんのりとした甘さでドーナッツというよりも揚げパンに近い味です。モンゴルではスーテーツァイと一緒に食されます。このボールツォグは、モンゴル相撲の大会で優勝者が観客に投げて配ったりもします。

ボールツォグ(モンゴル揚げ菓子)材料

材料
小麦粉 300グラム
少々
砂糖 40グラム
バター 80グラム
90cc
ベーキングパウダー 2グラム
揚げ油 適量

作り方

  1. ボールに小麦粉、砂糖、塩、バターを入れ、よく混ぜる。
  2. ぬるま湯を加えながらよく混ぜる。
  3. 生地が冷めないように素早く捏ねる。
  4. 粉っぽさがなくなるまで捏ねたら丸くまとめ30分生地をねかせる。
  5. 麺棒を使って、生地を1センチ~1.5センチ程度の厚さに伸ばしていく。
  6. 細長く伸ばして丸めたり、細長い長方形にして真ん中に切り込みを入れて、ねじったり好きな形にする。
  7. 180度に熱した油できつね色になるまで揚げる。

完成

スーテーツァイ(塩ミルクティー)材料

材料
500cc
麦茶 1パック
牛乳 350cc
塩(岩塩) 小1
バター 10グラム

作り方

  1. 水にティーバッグと塩を入れ、じっくり沸かす。
  2. 麦茶が煮出ったらティーバッグを取り出す。
  3. 鍋に牛乳とバターを入れ、お玉ですくって上からやさしく注ぎ撹拌させる。

スーテーツァイ

 

  web応援団「モンゴル国応援作品の写真募集」

ご自宅で制作した、モンゴル国代表選手を応援する作品の写真を募集します。写真は焼津市モンゴル国応援Facebook(外部サイトへリンク)にて随時掲載するほか、在モンゴル日本大使館を通してモンゴル国へ情報発信します。

応募写真

モンゴル国代表選手を応援するメッセージを込めた作品(絵、書道、料理、工作など)を撮影した写真

応募方法(Eメールの場合)

件名

「モンゴル国応援写真」

企画

カラー、加工なし、JPEGデータ(2枚合計7M以下)

応募方法(郵送の場合)

宛名

焼津市役所文化・交流課「モンゴル国応援写真」担当

企画

Lカラープリント、加工なし

応募方法(共通事項)

応募数

作品1点につき写真2枚以内(何点でも応募可)

記載内容
  • お名前
  • ペンネーム
  • 作品名
  • 作品紹介または応援メッセージを記載(文字数、書式自由)

応募資格

どなたでも

応募先・問合先

焼津市役所文化・交流課
〒425-8502焼津市本町2-16-32電話:054-626-9412
Email:bunka@city.yaizu.lg.jp

締切日

令和3年2月26日(金曜日)まで

その他

  • 応募写真の著作権は応募者本人に帰属しますが、使用権は文化・交流課に帰属します。
  • 郵送で応募した場合は写真の返却はいたしません。
  • 個人情報は適切に管理し、本事業に必要な業務のみに使用し、それ以外の目的で使用することはありません。
  • 応募写真は焼津市モンゴル国応援Facebookに掲載のほか、在モンゴル日本大使館を通してモンゴル国へ情報発信します。
  • 人物が写っている写真は全ての方からweb掲載への承諾を得ているものに限ります。
  • 掲載について事務局で精査させていただくことがあります。

 石津西公園にモンゴル国移動式住居「ゲル」を設営しました。

令和2年9月5日に、モンゴル国の移動式住居「ゲル」を石津西公園「みなく~る」に設営しました。

ゲルは、県内在住モンゴル人の方々の指導により、オリンピック・パラリンピック推進室職員が組み立て、約1時間で完了しました。ゲルの周囲には同国の風景写真等を展示しました。

来場者は朝早くからゲルの設営を見学したり、伝統衣装のデールを試着したりと、モンゴル国の文化を体験しました。焼津市モンゴル国応援サイトFacebook(外部サイトへリンク)でゲル設営の動画を公開中です。ぜひご覧ください。

ゲル組み立て骨組み

ゲル組み立て天井

ゲル組み立て

ゲル完成

モンゴル料理講座「アムタタェモンゴル」をWEBで配信中

「アムタタェ」とは、モンゴル語で「おいしい」という意味です。新型コロナウィルスの影響で自宅での食事の機会が増えている今こそ、ご自宅でモンゴル料理に挑戦してみましょう!

詳しい作り方は下記サイトをご覧ください。

第1弾「ホーショール(モンゴル国揚げ餃子)」

第1弾はモンゴルのナーダム祭でよく食される、「ホーショール」です。
モンゴル料理の一つで、小麦粉を練った生地に玉ねぎ、ニラ、ひき肉などを包み、油で揚げたものです。
各家庭で日常調理されるほかに、ナーダム祭の屋台や食堂などの外食、弁当などで広く食される、ボーズとならぶ一般的なモンゴル料理です。

材料

材料

小麦粉

400グラム

ぬるま湯 180cc
合いびき肉(牛・豚) 400グラム
玉ねぎ 2分の1
にんにく 2かけ
ニラ 2分の1束
小さじ1と2分の1
こしょう 少々
揚げよう油 適量

作り方

  1. まずは生地作り。ボールに小麦粉とぬるま湯を入れて混ぜます。最初はべたべたと指にまとわりつきますが、こねているうちにまとまってきます。
    生地がゆるければ小麦粉を、まとまらなければ、少しぬるま湯を足して調節してください。
  2. 耳たぶくらいの固さ(弾力・しっとりさが出る)になるまでこねます。その後、生地を10分程度休ませます。
  3. 生地を休ませている間に具材を作ります。
    肉、玉ねぎ・にんにくのみじん切り、ニラ、塩、コショウと味が良くなじむように、手でよく混ぜます。
  4. 休ませた生地を二つに分け、それぞれ棒状にします。
    棒状にした生地を包丁で切ります。目安は一つ30グラムくらい。
  5. 軽く打ち粉をして、棒で薄く丸く伸ばしていきます。
    *生地を手である程度広げてから棒で伸ばしていくとやりやすいです。15センチくらいの長さに伸ばします。
  6. 具材を生地の半分に平らに置きます。
    生地を2つに折り重ね、手のひらで軽く空気を抜いてぴっちりと閉めてから、ふちを押し付けていきます。
  7. ふちを閉じていきます。
  8. 包み終えたら、180度の油で両面がキツネ色になるまで揚げます。
  9. お皿に盛り付けたら出来上がりです!

 

ヤンジカ氏

講師の焼津市オリンピック・パラリンピック推進室のヤンジカ主査(モンゴル国出身)

 ナーダム祭とは?

ナーダムとはモンゴル語でいう祭りという意味があり、毎年7月11日から3日間に渡って開催されます。1年に一度開催される祭典で、モンゴル国民が一年間この日を楽しみにしてすごしているといっても過言ではない大きな祭典です。主な競技としては、ブフ(モンゴル相撲)、競馬、弓の三つになります。7月11日にウランバートル市内のスフバートル広場からナーダムの開会式スタジアムまで騎馬隊のパレードが行われ、スタジアムではモンゴル国首脳や各国からの来賓を招いて、騎馬民族らしい開会式を行います。馬頭琴の演奏、民族舞踊などの披露もあります。

ナーダム祭ブフ
ナーダム祭騎馬隊

 東京2020オリ・パラ大会焼津市ホストタウン「モンゴル国写真展」開催について(終了しました)

モンゴル国の広大な大草原などの風景や、文化に触れることができる写真展を開催します。

  第一期 第二期
期間 令和2年7月13日(月曜日)~7月31日(金曜日) 令和2年8月4日(火曜日)~8月28日(金曜日)
場所

総合福祉会館ウェルシップ2階祉展示ギャラリー

大井川公民館ロビー展示コーナー

写真展ポスター

 モンゴル国選手に応援メッセージを贈呈しました。

令和2年2月14日から、新型コロナウィルスの影響で帰国できない、合宿中のモンゴル国パラ陸上競技ナショナルチームの選手団を少しでも元気づけ、応援するため。市議会議員、市職員から536枚のメッセージをモンゴル国選手に贈呈しました。

選手へ応援メッセージ

選手集合写真

 ASAR国際馬頭琴アンサンブルコンサート(中止)

5月22日に焼津文化会館で開催を予定しておりましたASAR国際馬頭琴アンサンブルコンサートは、新型コロナウィルス観戦拡大防止および、ご来場されるお客様の健康と安全を最優先に考慮し、中止とさせていただくこととなりました。

 高校生応援プロジェクトが「さかな丸ごと食育」ニュースレターに掲載されました。

令和元年に行われた、高校生応援プロジェクト「モンゴル国コラボレーション商品・メニュー試食会」の様子が、2020年3月30日に発行された、「さかな丸ごと食育」ニュースレター(一般社団法人東京水産会発行)に掲載されました。

「さかな丸ごと食育」ニュースレター(PNG:1,504KB)

 焼津市ホストタウンポスター掲示施設・店舗募集

焼津市はオリンピック競技のレスリング、3x3バスケットボール、パラリンピック競技の陸上、テコンドーの事前キャンプ地として、モンゴル国を応援するポスターを作成しました。このポスターを掲示していただける施設や店舗を募集します。ポスターは全4種類です。文化・交流課に電話で申し込み後、市役所3階文化・交流課窓口に取りにお越しください。

選手ポスター

ホストタウンポスター山

ホストタウンポスターチンギスハン像

ホストタウンポスターゲル

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市交流推進部文化・交流課  親善交流担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館3階)

電話番号:054-626-9412

ファクス番号:054-626-2188

Email:bunka@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?