• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 上下水道・浄化槽 > 下水道 > 下水道使用料の改定について

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

下水道使用料の改定について

2018年(平成30年)4月1日使用分から公共下水道使用料を値上げしました。

下水道使用料の改定にご理解とご協力をお願いします。

公共下水道事業はその維持管理に掛かる費用を下水道使用料で賄わなければなりませんが、焼津市の公共下水道事業は使用料で賄うべき金額の約40.8%しか賄えておらず、市のお金(一般会計)からの繰入金(皆さんの税金)で補てんしています。

このような状況を改善していくため、下水道使用料を2018年(平成30)年4月から改定(値上げ)させていただくことになりました。

下水道使用者の皆さまにはご負担をお掛けすることとなりますが、将来にわたり快適な生活環境を提供するため、下水道経営の健全化に向けた取り組みに一層の努力をしてまいりますので、なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

下水道使用料は次のように改定しました。

一般汚水
基本使用料の1か月あたり910円を1,028円に改定しました。
従量使用料の1立方メートルにつき91円の区分を103円に、110円の区分を121円に、117円の区分を126円にそれぞれ改定しました。

公衆浴場汚水
基本使用料の1か月あたり910円を1,028円に改定しました。
従量使用料の1立方メートルにつき46円を52円に改定しました。

使用料体系
上の記載内容を表にすると次のようになります。

改定前の下水道使用料
(1か月あたり:税抜き)

汚水の種類 基本使用料 従量使用料
汚水排除量 使用料
(1立法メートルにつき)
一般汚水 910円 10立方メートルを超え
100立方メートルまでの分
91円
100立方メートルを超え
1,000立方メートルまでの分
110円
1,000立方メートルを超える分 117円
公衆浴場汚水 910円 10立方メートルを超える分 46円

 

yajirushi

改定後の下水道使用料
(1か月あたり:税抜き)

汚水の種類 基本使用料 従量使用料
汚水排除量 使用料
(1立方メートルにつき)
一般汚水 1,028円
改定率13%
10立方メートルを超え
100立方メートルまでの分
103円(改定率13%
100立方メートルを超え
1,000立方メートルまでの分
121円(改定率10%
1,000立方メートルを超える分 126円(改定率8%
公衆浴場汚水 1,028円
改定率13%
10立方メートルを超える分 52円(改定率13%

 

2か月で40立方メートル使う平均的な家庭(1か月あたり20立方メートル)での計算例

下水道使用料の請求は2か月分ですが、計算は1か月ずつ計算して合計しています。
(1)基本使用料1,028円(10立方メートルの基本使用水量を基本使用料に含みます。)
(2)1か月の使用水量20立方メートルから基本使用水量を引いた10立方メートル(11から20立方メートルの分)は103円の区分に該当するので、10立方メートル×103円=1,030円
(3)上の(1)(2)を足して1か月分の下水道使用料は1,028円+1,030円=2,058円(税抜き)になります。
(4)さらに(3)の下水道使用料に消費税を足したもの2か月分を合わせると1回の請求でお願いする金額になります。
※消費税は2018年(平成30年)4月現在の税率で計算しています。2,058円×8%=164円(1円未満切り捨て)

検針の前の月:使用料2,058円+消費税164円2,222円(A)

検針月:使用料2,058円+消費税164円=2,222円(B)

請求額:(A)+(B)=4,444円になります。(隔月請求の皆さん)

今回の改定による負担増額の目安

今回の改定により皆さんにご負担いただく金額の目安になります。
(上段:税抜き、下段:税込み

1か月の使用水量 改定後の使用料による計算の例 改定後の使用料 改定前の使用料 1か月の増額分
0立方メートル 基本使用料1,028円 1,028円
1,110円
910円
928円
118円
128円
5立方メートル 基本使用料1,028円 1,028円
1,110円
910円
928円
118円
128円
10立方メートル 基本使用料1,028円 1,028円
1,110円
910円
928円
118円
128円
20立方メートル 基本使用料1,028円
10立方メートル×103円=1,030円
2,058円
2,222円
1,820円
1,965円
238円
257円
30立方メートル 基本使用料1,028円
20立方メートル×103円=2,060円
3,088円
3,335円
2,730円
2,948円
358円
387円
40立方メートル 基本使用料1,028円
30立方メートル×103円=3,090円
4,118円
4,447円
3,640円
3,931円
478円
516円
50立方メートル 基本使用料1,028円
40立方メートル×103円=4,120円
5,148円
5,559円
4,550円
4,914円
598円
645円
60立方メートル 基本使用料1,028円
50立方メートル×103円=5,150円
6,178円
6,672円
5,460円
5,896円
718円
776円
70立方メートル 基本使用料1,028円
60立方メートル×103円=6,180円
7,208円
7,784円
6,370円
6,879円
838円
905円
80立方メートル 基本使用料1,028円
70立方メートル×103円=7,210円
8,238円
8,897円
7,280円
7,862円
958円
1,035円
90立方メートル 基本使用料1,028円
80立方メートル×103円=8,240円
9,268円
10,009円
8,190円
8,845円
1,078円
1,164円
100立方メートル 基本使用料1,028円
90立方メートル×103円=9,270円
10,298円
11,121円
9,100円
9,828円
1,198円
1,293円
200立方メートル 基本使用料1,028円
90立方メートル×103円=9,270円
100立方メートル×121円=12,100円
22,398円
24,189円
20,100円
21,708円
2,298円
2,481円
500立方メートル 基本使用料1,028円
90立方メートル×103円=9,270円
400立方メートル×121円=48,400円
58,698円
63,393円
53,100円
57,348円
5,598円
6,045円
1,000立方メートル 基本使用料1,028円
90立方メートル×103円=9,270円
900立方メートル×121円=108,900円
119,198円
128,733円
108,100円
116,748円
11,098円
11,985円
1,500立方メートル 基本使用料1,028円
90立方メートル×103円=9,270円
900立方メートル×121円=108,900円
500立方メートル×126円=63,000円
182,198円
196,773円
166,600円
179,928円
15,598円
16,845円


※税込みの金額は消費税率8%(2018年(平成30年)4月現在)で計算しています。
※隔月請求の皆さんの使用料は検針による水量を半分に分けて1か月ごと計算しています。

新使用料が適用されるタイミング

下水道使用料の改定は2018年(平成30年)4月からですが、6月までの間は使用料の確定する時期によって「改定前の使用料」と「改定後の使用料」の適用が混在することがありますので、ケースに分けてお示しします。

[1]4月にその年度の最初の使用料の請求がある皆さん(続けて使用されている皆さん)

(1)毎月請求(上水道の口径50ミリ以上をご使用)の皆さん:主に大きな事業所

  • 4月に確定する使用料の請求(4月分)は「改定前の使用料」が適用されます
  • 5月に確定する使用料の請求(5月分)からは「改定後の使用料」が適用されます

maitsuki

(2)隔月請求(上水道の口径40ミリ以下をご使用)の皆さん:主に一般家庭と中小規模の事業所

対象となる地区:小川のつく地区

  • 4月に確定する使用料の請求(3・4月分)は「改定前の使用料」が適用されます
  • 6月に確定する使用料の請求(5・6月分)からは「改定後の使用料」が適用されます

kakutsuki1

[2]5月にその年度の最初の使用料の請求がある皆さん(続けて使用されている皆さん)

隔月請求(上水道の口径40ミリ以下をご使用)の皆さん:主に一般家庭と中小規模の事業所

対象となる地区:「小川のつく地区」以外の地区

  • 5月に確定する使用料の請求は前の月(4月分)は「改定前の使用料」が適用され、後ろの月(5月分)には「改定後の使用料」が適用されます
  • 7月に確定する使用料の請求(6・7月分)は「改定後の使用料」が適用されます

kakutsuki2

[3]4月1日以降に下水道の使用を開始される皆さん

  • 「改定後の使用料」が適用されます

[4]4月1日以前から使用していて転居等で精算をされる皆さん

  • 精算のタイミングによりますので水道料金事務センターにご確認ください。
    水道料金事務センター連絡先:電話054-656-0055

改定が必要な理由

(1)1993年(平成5年)4月の改定からの下水道使用料の据え置き

公共下水道は健康で快適な生活環境を確保し、公共用水域の水質の保全を図るために大切な役割を担う都市施設ですが、一方で、家庭や事業所からの汚水の処理という専ら個人的な利益を提供する施設でもあります。
このため、汚水処理に関係する維持管理費と起債の元利償還金を、ご家庭や事業所からいただく下水道使用料の算定の対象とすることが適当とされています。
しかしながら、焼津市では1993年(平成5年)4月に維持管理費の回収を目的として改定を行ってから下水道使用料の改定が行われていませんでした。

(2)低い経費回収率

2016年(平成28年)度決算においては元利償還金を含めた汚水処理の費用(929,479千円)に対する下水道使用料収入(378,777千円)での経費回収率はわずかに40.8%に止まっており、県内他市町(22市7町が供用開始済み)と比べても低い経費回収率(県内平均68.8%)となっています。
また、今後、管渠等の老朽化対策で汚水処理費(維持管理費)が増えていくことになり、経費回収率はさらに低下していくことが見込まれます。

(3)赤字補てん的な基準外繰入金

現在、公共下水道事業の収入2,866,378千円(2016年(平成28年)度決算)の約50%(1,335,112千円)は一般会計からの繰入金により賄われており、そのうち約80%は繰り出し基準に基づき、一般会計で負担することが適当とされている基準内繰入金です。残りの約20%は本来であれば下水道使用料収入で賄うべき経費ですが、下水道使用料収入が少なく賄うことができないため、その不足分を一般会計から繰り入れるという赤字補てん的な基準外繰入金で、2016年(平成28年)度は201,224千円の赤字補てんが行われました。

下水道事業の収入と支出と一般会計繰入金

下水道事業の収入と支出(2016年(平成28年)度決算額)

公共下水道事業の収入

収入の種類 金額 割合
下水道使用料 378,777千円 13.2%
一般会計繰入金
(うち基準外繰入)
1,335,112千円
(201,224千円)
46.6%
(7.0%)
国庫補助金 389,700千円 13.6%
起債(借入金) 742,600千円 25.9%
受益者負担金 7,146千円 0.3%
手数料・雑入、その他 13,043千円 0.4%
合計 2,866,378千円 100.0%

 

公共下水道事業の支出

支出の種類 金額 割合
建設事業費 915,647千円 32.0%

公債費(元利償還金)
(うち汚水処理の費用)

1,514,187千円
(556,695千円)
52.8%
(19.4%)
維持管理費
(うち汚水処理の費用)
392,573千円
(372,784千円)
13.7%
(13.0%)
その他 43,971千円 1.5%
合計 2,866,378千円 100.0%

 

一般会計繰入金の種類と金額

焼津市の下水道事業は多くの一般会計繰入金で賄われていますが、一般会計繰入金には、基準内繰入金と基準外繰入金があります。

基準内繰入金は一般会計で負担することが適当とされている繰入金です。

一方、基準外繰入金は、本来であれば下水道使用料収入で賄うべき経費であるが、下水道使用料収入が少なく賄うことができないため、その不足分を一般会計から繰入れるという赤字補てん的な繰入れです

改定による使用料収入の増収見込み額により基準外繰入金を縮減させます。

一般会計繰入金の見込み額(千円)

年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度 平成33年度 平成34年度
基準内繰入額 1,072,415 1,079,423 1,075,952 1,049,345 1,006,644 969,840
基準外繰入額 246,140 247,724 246,939 240,924 231,269 222,948
一般会計繰入額合計(現状) 1,318,555 1,327,147 1,322,891 1,290,269 1,237,913 1,192,788
改定による使用料収入の増収見込み額 - 45,988 46,824 46,569 45,975 46,268
(使用料改定後の基準外繰入金) - (201,736) (200,115) (194,355) (185,294) (176,680)
一般会計繰入金合計(改定後)

-

1,281,159 1,276,067 1,243,700 1,191,938 1,146,520
  • 基準外繰入金-改定による使用料収入の増収見込み額使用料改定後の基準外繰入額)
  • 改定による使用料収入の増収見込み額=焼津市の下水道以外の施策のために使えるようになる額

改定の手続き

 

2016年(平成28年)5月 平成27年度制定した条例に基づいて焼津市下水道使用料等審議会を設置
(新しいウィンドウで審議会のページを開きます。)
2017年(平成29年)3月 審議会から市長へ答申
(新しいウィンドウで答申書を開きます。)
2017年(平成29年)12月 使用料改定(下水道条例の改定)について焼津市議会で議決
2018年(平成30年)4月 新下水道使用料施行

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市環境部下水道課  計画管理担当

住所:郵便番号425-0045 静岡県焼津市祢宜島20-1(水道庁舎1階)

電話番号:054-624-8300

ファクス番号:054-624-8305

Email:gesui@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?