• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 上下水道・浄化槽 > 下水道 > 排水設備工事を実施しよう

ここから本文です。

更新日:2014年6月11日

排水設備工事を実施しよう

公共ますが設置され下水道が使えるようになると、次の期限内にトイレを水洗化し、風呂や洗面所、洗濯機、台所などの雑排水を下水道に流す工事(排水設備工事という)を実施してください。

排水設備工事の実施義務と期限について

風呂・洗面所・洗濯機・台所およびし尿浄化槽などの排水を下水道に流す排水設備工事は、下水道処理開始区域として告示された日から6カ月以内に実施するように義務付けられています。

くみとり便所は、下水道処理開始区域として告示された日から3年以内に水洗トイレに改造するように、下水道法により義務付けられています。

新築・改築の場合は、建築基準法により公共下水道につないでいただくことになります。

排水設備工事をおこなうメリット

 

  • 地域の川や水路がきれいになり悪臭がなくなります。
  • カやハエの発生がありません。
  • 伝染病の予防にもなります。
  • し尿浄化槽の保守点検料金がなくなります。(年4回以上点検)
  • 汲み取り便所のどくとくな臭いがなくなります。

水洗便所で快適

排水設備工事の申込

 

 

排水設備工事(水洗トイレ工事を含みます)は、焼津市が指定した工事店でなければ施工することができません。市では、指定工事店に工事の方法など細かい点まで指導監督していますから、安心して水洗化ができます。工事をされる人は、直接、指定工事店へ申し込んでください。なお、市では指定工事店から提出された工事の設計書などの内容を審査し、より良い排水設備ができるようにしています。

 

排水設備を長持ちさせるために

 

排水設備は使いっぱなしでは、下水道管の詰まりなどいろいろな故障の原因になります。

下水道は市民の共有の財産です。宅地内の排水設備については、適切な維持管理をお願いします。
長持ちさせるために下記の注意事項を守り時々点検をしてください。

  • ご飯粒や野菜くず、天ぷら油等を流さないようにしましょう。
  • 水洗トイレでは、トイレットペーパー以外のものは使わない。また生理用品、ゴム製品を流さないようにしましょう。
  • 固いものや布くず、洗髪後の毛髪を流さないようにしましょう。
  • 汚水ますに、ゴミや砂を掃き込まないようにしましょう。
  • 汚水ますには、雨水を流し込むことはできません。
  • 汚水ますは、月に1回位蓋を開けて清掃をしましょう(放置しておくと、管の詰まりや虫の発生の原因になります)。

故障したときは

工事完了後に排水管や便器が詰まったり故障したときは、工事を施工した指定工事店へ連絡してください。指定工事店がお伺いして修理いたします。また、指定工事店が分からなかったり、公共ますが詰まった時には、下水道課へ連絡してください。

水洗便所改造資金の融資のあっせん

 

水洗便所に改造する費用として、水洗便所改造資金融資あっせん制度があります。融資あっせんの申請がありますと焼津市では、それぞれが希望する市内の金融機関に対し資金融資のあっせんをします。
融資金額は5万円以上100万円以内で、融資利率は無利子、償還方法は元金均等月賦償還、返済期間は12カ月・24カ月・36カ月・48カ月・60カ月です。
融資条件や申請手続きなど、くわしいことは下水道課窓口または指定工事店がご相談させていただきます。

工事完了検査

工事が終わりますと、市では工事が正しく行われたかどうかを検査し、不合格の場合は、指定工事店の費用負担で市が定めた期日までに改善工事をすることになっています。検査に合格すると、検査済証を門や玄関など入口に貼らせていただきます。

 

検査済み証

 

検査済証

 

 

排水設備工事の官民区分

公共ます

公共ます

排水設備と公共下水道を結び、維持管理の区分を明らかにします。

マンホール

マンホール

管渠の出入口がマンホールです。管渠の清掃もここから行います。

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市環境部下水道課

住所:郵便番号425-0045 静岡県焼津市祢宜島20-1(水道庁舎1階)

電話番号:054-624-8300

ファクス番号:054-624-8305

Email:gesui@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?