• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2014年6月11日

下水道使用料

公共下水道使用料について

公共下水道に接続し使用を開始すると、公共下水道使用料を納入していただくことになります。
使用料は、公共下水道管の清掃や修理をする費用、ポンプ場の砂やごみを取り除いたりする費用、燃料費、薬品などの維持管理に要する費用に充てます。

使用水量

使用水量は、毎月使用者が公共下水道に排水した汚水の量になります。

排除した汚水の量を認定(焼津市下水道条例第15条)

水道水を利用している場合

水道の使用水量(水道メーターより)とします。

井戸水を使用している場合

メーターを取り付けたときは、その値とします。
メーターを取り付けないときは、使用している状態により、市で汚水の量を認定します。

料金表

現行料金:1993年(平成5年)4月1日改定

汚水の種類

基本使用料

従量使用料

汚水排除量
(単位:立方メートル)

使用料
1立方メートルにつき

一般汚水

910円

10を超え100までの分

91円

100を超え1000までの分

110円

1000を超える分

117円

公衆浴場汚水

910円

10を超える分

46円

計算例

1請求あたり(2カ月分)の汚水排除量50立方メートルの場合

1カ月分の使用量は25立方メートルとします

1カ月あたりの使用料金は
910円+91円×(25立方メートル-10立方メートル)=2,275円
これに消費税8%を加算した2,457円となります
これにより請求金額(2カ月分)は2,457円×2=4,914

消費税の変更については下記をご覧ください

水質使用料

水質の悪い汚水を公共下水道に排除すると、終末処理場の浄化機能に大きな負担がかかるため、その分、多くの維持管理費がかかります。
そのため、水質の悪い汚水を排除する使用者から、水量使用料に加算して、水質使用料をいただきます。

対象者

汚水の排除量が1使用月に300立方メートルを超えており、かつ生物化学的酸素要求量(BOD)浮遊物質量(SS)が200ミリグラム/リットルを超えて公共下水道を使用する人。

支払方法

水道料金と同時請求になります。支払月は次のとおりです。

  • 小川のつく地区…偶数月
  • それ以外の地区…奇数月
  • 水道口径50ミリメートル以上…毎月

お問い合わせ

所属課室:焼津市環境部下水道課

住所:郵便番号425-0045 静岡県焼津市祢宜島20-1(水道庁舎1階)

電話番号:054-624-8300

ファクス番号:054-624-8305

Email:gesui@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?