• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 産業・観光 > 都市施設 > 河川管理 > 市内の砂防について

ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

市内の砂防について

土砂災害から身を守るためには

こんな前ぶれ現象に注意しましょう

  • 山鳴りがする
  • 川の流れが濁り、流木が混ざり始める
  • 雨が降り続いているのに川の水位が下がる
  • 小石がパラパラ落ちてくる
  • 沢や井戸の水が濁る
  • 地面や斜面にひび割れができる
  • 斜面から水がふき出す

雨に注意しましょう

土砂災害の多くは雨が原因で起こります。
1時間に20ミリ以上、または降り始めから100ミリ以上の降雨量になったら、十分な注意が必要です。

雨が降りだしたらテレビやラジオの気象情報に注意しましょう。

XRAIN(外部サイトへリンク)

サイポス(外部サイトへリンク)

 

県砂防課土砂災害情報マップ(外部サイトへリンク)県砂防課バナー土砂災害警戒情報(外部サイトへリンク)県砂防課土砂災害警戒区域(外部サイトへリンク)

 

平成27年9月1日に土砂災害危険箇所について、新規追加箇所が公表されました。

危険箇所の位置については、島田土木事務所ホームページを参照してください。

土砂災害危険箇所の位置図(島田土木事務所ホームページ)

http://doboku.pref.shizuoka.jp/desaki2/shimada/dosyasaigai_kikenkasyo.html(外部サイトへリンク)

 

 

避難場所を決めておきましょう

 

日ごろから崖の状態に注意しておくとともに、避難路や避難場所を確認しておき、速やかに避難できるように心掛けておきましょう。

土砂災害防止月間について 

6月は土砂災害防止月間

日ごろから防災に対する注意を怠らないように心掛けましょう。

こんな時は特に危険です

  • 斜面の中から急に水が湧き出した
  • 濁った水が湧き出してきた
  • 斜面からパラパラと小石が落ちてきた
  • 石垣やコンクリートの壁に、亀裂やずれを生じた

急傾斜地などの問合せについては

区域の指定や崩壊防止工事について

河川課
電話番号:054-626-1118

危険住宅の移転補助・災害危険区域内の建築制限について

建築指導課
電話番号:054-626-2102

砂防指定地で、工作物の新築・除去や立木竹の伐採などを行なうときは 

砂防指定地内で建築物・工作物の設置や土地の形状変更、土石の採取などをするときは、土砂の流出などによる災害を防止するため、「砂防法」に基づき、県知事の許可が必要です。
管轄する静岡県島田土木事務所維持管理課(電話番号0547-37-5276)または市役所河川課に問い合わせてください。

急傾斜地崩壊危険区域で、工作物の設置や立木竹の伐採などを行なうときは 

急傾斜地崩壊危険区域内で工作物の設置や土地の形状変更、水の放流、立木竹の伐採などを行うときは、がけ崩れなどによる災害を防止するため、「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」に基づき、県知事の許可が必要です。
管轄する静岡県島田土木事務所維持管理課(電話番号0547-37-5276)または市役所河川課に問い合わせてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市建設部河川課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎2階)

電話番号:054-626-1118

ファクス番号:054-626-2190

Email:kasen@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?